GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
空気清浄機 [光クリエール・MC808/ ACM75G]
部門/分類
商品デザイン部門 - 調理家電、生活家電
受賞企業
ダイキン工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
06A06077
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界初、空気中の成分からニオイや花粉を分解する活性種を作り出す独自機構「ストリーマ」によって、使い捨てフィルター方式に代わる交換レス脱臭技術の構造を実現。この技術により、本体に併用される従来のフィルターには菌やチリを捕獲する機能だけでなく、無菌化の照射が可能となり、庫内の衛生性を向上。また、標準付属の消臭ユニットは、従来、空気清浄機や脱臭機の置くことのできなかった省スペースへ使用を目的に、「ストリーマ」照射で、何度でも脱臭力の再生を可能とする。本商品は、基本性能は勿論、機能の届きにくいあらゆる住空間の快適な空気環境の実現と長期にわたっての使用可能な製品を目指す家庭用空気清浄機である。

プロデューサー

ダイキン工業株式会社 空調生産本部 主任技師 原田俊光

ディレクター

ダイキン工業株式会社 デザイングループ 主任技師 西尾年之

デザイナー

ダイキン工業株式会社 デザイングループ 村井雄一

開始日
2006年8月25日
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

空気清浄機はインテリアに違和感なく収まりながら、やはり清潔なスタイルを維持してほしいとユーザーから求められていると考える。魅力のポイントを全体のすっきりとしたフォルムに加え、空気の流れる経路である吸込口、内部構造の改善に力点をおいた。吸込部は生活視線から目立ちにくいスタイルとし、メンテ性の向上にも努めた。エコロジー性も考慮し、長く心地よく使用していただける形状、使い方の提案がある商品を目指した

デザインのポイント
1.清潔感のある色・形状。表示部や消臭ユニットのボックスなどインテリア性を考慮したシンプルな外観
2.吸込部を側面奥と下面にまとめ、生活視線から汚れが見えにくく、埃などが直接、手につかないよう配慮
3.取説がなくてもメンテができる、庫内のわかりやすいガイド表示と色、形状で簡単メンテの作業性を実現
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

空気経路であり、空気中の汚れが集中する吸込口と、フィルター関連のパーツを一括して本体から取り外せるようにした点。従来は吸込口が本体パーツと同一であったため、外観から汚れが目立ち、不衛生さが感じられていた。外観からは汚れが目立たず、メンテ時は一括して処理できる構造を実現

審査委員の評価

白を基調とした清潔感のあるすっきりとした佇まいを評価した。メンテナンス性への配慮もしっかりとなされている。

担当審査委員| 和田 達也   岩崎 一郎   芝 操枝   左合 ひとみ  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ