GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
伊賀焼の郷 長谷園 [伊賀焼の技術を生かしたご飯炊き器、燻製器等、機能性陶磁器のデザイン開発]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
長谷製陶株式会社 (三重県)
受賞番号
05D01016
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

伊賀焼の伝統を継ぎ、特長ある伊賀の陶土に独自の工夫を加え、日本の食文化の原点に迫る。伊賀から産出される陶土は「木節・蛙目粘土」と呼ばれ、ポーラス〔多孔性〕で遠赤外線効果を発揮するが、こうした特長素材に独自の工夫を加え、火加減がいらないで、まるで竈で炊いたのと同じ美味しいご飯を炊き上げる「かまどさん」、及び煙も香りも外に逃がさず、家庭で手軽に本格スモーク料理を楽しむことができる「いぶしぎん」を開発した。

ディレクター

長谷製陶株式会社 長谷優磁

詳細情報

http://www.igamono.co.jp/

価格

-

問い合せ先

長谷製陶株式会社
URL: http://www.igamono.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

伊賀焼のこだわりを大切にする呑み助で食いしん坊・・・。長い時間をかけて、美味しいご飯、美味しい料理作りの課題に取り組み、「用・美・楽」の企業コンセプトの具現に成功した。伊賀の丸柱は三重県の奥里山、ここから全国に情報発信することは難しい。従って昨秋、東京・恵比寿にアンテナショップを開設。お客様の声を商品に取り入れる、そして完成した商品の情報発信機能の強化を図っている。

審査委員の評価

伝統による蓄積されたノウハウだけでなく、大学と連携して得た新たな研究開発要素をプラスするなど、様々な実証に基づいて、「伊賀焼き」という伝統技術の今日的機能性と用途を提案し、炊飯器、薫製器という新領域プロダクトとして実現した点を高く評価した。また、そうした製品を用いて、飲食体験をさせるアンテナ施設を大消費地に開設するなど、中小企業のデザインマネジメントとしても、そのチャレンジ精神を讃えたい。

担当審査委員| 赤池 学   紺野 登   タナカ ノリユキ   西山 浩平   日高 一樹  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ