GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
家庭用ゲームソフトウェア [プレイステーション2用ソフト「みんな大好き塊魂」]
部門/分類
商品デザイン部門 - エンターテーメント・ホビー関連商品・楽器
受賞企業
株式会社ナムコ (東京都)
受賞番号
05A11022
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『みんな大好き塊魂』は、昨年発売されてそのシンプルなゲーム性とシュールで独特な世界観で世界中をとりこにした家庭用ビデオゲーム「塊魂」の第2作目です。コントローラの2本のスティックを操作して「塊」を転がし、ステージに転がっているあらゆる「モノ」を巻き込み塊を大きくしていくだけという、単純かつ「操作するだけで面白い」基本コンセプトは変えておりませんが、ビジュアル・サウンドを含むソフト全体に対する自由奔放で贅沢なこだわりにより、エンターテインメント性は更にパワーアップ。お客様からのご要望も積極的に取り入れ、ますます「プレイしているだけで楽しい」「プレイした人に楽しんで頂ける」作品に仕上がっています。

プロデューサー

株式会社ナムコ CTカンパニー プロデューサー 原敏也

デザイナー

株式会社ナムコ CTカンパニー CTクリエイターグループ「みんな大好き塊魂」プロジェクト

開始日
2005年7月7日
価格

5,229円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

前作で完成した“誰にでも楽しめる「シンプルなゲームルール」「シンプルな操作性」”は変らず大切にしつつ、映像・音楽・インターフェイス等製品を取り巻くコンテンツ全てに深くこだわり、エンターテインメント性を高めました。年齢・性別・言葉の壁を越えて世界中の誰もが楽んでいただける製品になっています。また、今作では親子・兄弟・友達同士など大勢で楽しんでいただけるような遊びも充実させました。

デザインのポイント
1.前作のシンプルなゲーム性のまま新しい楽しさを感じてもらえるようにしました。
2.今作は象徴的(言語記号的)なものだけでなく、具体的なモノを世界観にあうようにデザインし配置しました。
3.ゲームの内容だけでなく、パッケージや取扱説明書など製品全体で「塊魂」の世界作りを意識したつもりです。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

前作でプレイのさまたげになっていた急激なカメラ移動をデザイン的な“くりぬき処理”で解消し、プレイのしやすさを追求しました。またBGMの選択ができるようにし、よりユーザーの楽しみ方の幅を広げたつもりです。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

機械的な表示になりがちなメニュー画面やスタッフロールなどにもユーザーの操作の自由度を高め、ゲーム本編だけでなく、どこででも遊べる製品を目指しています。

審査委員の評価

1作目以上に、グラフィックの調和のとれた色や嫌みのないキャラクターデザイン、選択できるBGMもクオリティーが高く、大変好感が持てるゲームに仕上がっている。格闘技系のゲームが多く存在するゲームの世界の中にあって、ほのぼのとした楽しさを守っている点も特に評価したい。

担当審査委員| 森山 明子   大月 ヒロ子   平野 湟太郎   福田 哲夫  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ