GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
キャンパスノート〈パラクルノ〉 [ノ-R8A-YR, ノ-R8B-LB, ノ-R108A-P, ノ-R108B-YG, ノ-R108U-M]
部門/分類
商品デザイン部門 - 文具、オフィス雑貨・家具・設備
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
コクヨS&T株式会社 (大阪府)
受賞番号
05A09021
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

なめらかにページをめくることができるユニバーサルデザインのノートです。ノートの右端の裁断面を斜めにカットしており、しかも、上半分と下半分のカットが逆方向になったリバーシブル形状で、表裏どちら側からもページを開くのに便利です。ノートを手に持ってページを急いでめくる時や、机に置いたまま1ページずつゆっくりめくる時など、どのような使用シーンでも使いやすいユニバーサルデザインです。

プロデューサー

コクヨS&T株式会社 コンシューマープロダクツ事業部 村上智子、斉藤未生子

ディレクター

コクヨS&T株式会社 カスタム事業部 カスタム企画部 田中裕子

デザイナー

木村寿樹、有限会社ポテトハウスクリエイティブ 取締役アートディレクター 浜田絵里子

詳細情報

http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20041217-341.html

開始日
2005年1月15日
価格

500 ~ 600円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

機能・概観の双方の面から形状を考え、機能面ではオモテからも裏からもめくりやすい形状になるよう、概観面では閉じた時も見開いた時も美しいと思われるデザインになるよう仕上げた。

デザインのポイント
1.上半分と下半分が逆方向に斜めカットされていることを強調させる、上下ツートンカラーのデザインです。
2.中紙の斜めカット面にはストライプ模様が浮き出ており、インデックス変わりとしても活用できます。
3.表紙には特殊印刷を施し、これにより手ざわりの良いエンボスや高い光沢を表現しています。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

使いやすさは上記に述べた通りですが、その特徴をユーザーに見てすぐ伝わるようビジュアルデザインに工夫を凝らした。斜めカット面にストライプ模様を浮き上がらせ、斜めの形状を強調(ストライプ模様はインデックスとしても活用できます。)上下ツートンカラーデザインにより、上半分と下半分とで斜めカットが逆になっていることを強調。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

途中でページを破ってもバラけない無線とじ製本で、特殊フィルムでラミネート加工した背クロスを採用し、破れやすり切れに強く、最後まで美しく使用することができます。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

表紙の特殊印刷加工により、擬似エンボスや高い光沢を表現し、付加価値(しいてはユーザーの満足度)を高めた。

審査委員の評価

今までになかった点に着目した素晴らしい発想である。完成されたと思われているモノの問題点をデザインで解決した好例である。ノートの使われ方、乾燥した手でページをめくる時の困難さを見事に解決した提案が評価されました。リバーシブルな形状は表裏どちらからでも開くことができ、あらゆるシーンに対応したデザインは審査委員たちから非常に高い評価を受けました。ユニバーサルデザインを超えて美しく使いやすい新しいノートの形を生み出しています。

担当審査委員| 井上 斌策   船曳 鴻紅   堀木 エリ子   森田 昌嗣  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ