GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ペット乗せ自転車 [DOG BICYCLE]
部門/分類
商品デザイン部門 - 自転車、バイク
受賞企業
有限会社SAKOH (徳島県)
受賞番号
05A07005
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

フレームに愛犬が乗るスペースを作り、そこに持ち運びが可能な帆布地のバッグを装備しました。フレーム枠の間のスペースにポケットを付け、自転車とバッグとの一体感を出しました。フレームに愛犬を乗せるため、ハンドルのふらつきがなく、また急な飛び出しも飼い主が手の届く位置に犬がいるために安心して乗っていられます。多少がに股になりますが、大事なワンちゃんがそばにいる事の方が重要であり、乗った時の人と犬とのツーショットがとても絵になります。またお洒落したワンちゃんをみんなに見てもらいながらのサイクリングが可能です。

プロデューサー

有限会社SAKOH

デザイナー

代表取締役 佐光寿吉

詳細情報

http://www.kokobicycle.com/palmino/index.html

開始日
2004年2月17日
価格

45,990円税込、送料込/1台(本体+キャリーバッグ込) (円税込、送料込/1台(本体+キャリーバッグ込))

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

お洒落、見せる、安定、愛犬と人とのふれあいの絵を実現させたかった。愛犬といっしょに乗れる自転車として、愛犬とのライフスタイルを演出できればと思い考案いたしました。

デザインのポイント
1.フレーム枠に合ったバッグを製作し、本体とバッグでバリエーションを楽しめ、オリジナリティを出した。
2.フレームデザインをヨーロッパ風にし、籐かごを付け、レトロ感を感じられるパーツアッセンブルを施した。
3.バッグには、飛出し防止策としてリードフック、メッシュネットを装備させた。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

乗り手よりペットを乗せると言う事へのお洒落さ、安全さ、全体像をまず考慮し、飼い主が愛犬に対する愛情をそのまま形にしたらデザインに活かす事ができた。飛出しが心配なのでバッグ内部に首輪をつなぐリードフック、小型犬のためにメッシュネットも装備し、安全面も考慮したバッグデザインになっている

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

アルミ素材、ステンレス素材を多用しサビに対する安心感を持ってもらう事、デザイン性でもって愛着を沸いてもらう事で昨今の自転車の消耗品的な考えを少しでも長く使ってもらえる様に考えた。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

フレーム枠に小型犬用の市販されているキャリーバッグをそのまま入れる事が可能であり、標準装備であるキャリーバッグも持ち運びが可能であるが、自転車にあったキャリーバッグを新たに購入すると言う事項も提案できた。

審査委員の評価

トップチューブにペット用オリジナルバッグを安全に固定できるようにすることにより、ペットといっしょに安全にサイクリングが楽しめるように工夫された20インチ型の自転車。安定した走行ができるようにハンドルを長くしたり、スタンドをより安定したものにするなど、基本機能にも細やかな配慮が行き届いている。長く使い続けられるようにサビにくい部品を選ぶなど、既成の部品を流用しながら原価を抑えるとともに、多彩なバッグの色に合わせてサドルやフレーム、グリップの色をコーディネートできるようにし、全体に統一感のあるファッション性の高い製品を実現している。充実した楽しいライフスタイルを提案するとともに、自転車の新たな可能性を示唆している点は高く評価できる。

担当審査委員| 蓮見 孝   有元 正存   木村 徹   舘内 端  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ