GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ホースリール [ウェイビー20 GPR-20 OP]
部門/分類
商品デザイン部門 - 日用品・ガーデニング用品・雑貨
受賞企業
株式会社グリーンライフ (新潟県)
受賞番号
05A02026
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来のホースリールのユーザーが抱えていた不満を解消するために、新しい機能をプラスしたホースリールです。「スイングガイド」は巻き取り時にホースを自然に左右に振るので、ホースを触って手を汚すことがありません。「スイングタンク」は水を貯めて本体を安定させると共に、巻き取りながらホースの汚れを落とすことができます。また、上へ回転させてホースを紫外線からカバーすることもできます。

プロデューサー

株式会社グリーンライフ 代表取締役社長 外山晴一

ディレクター

株式会社GKインダストリアルデザイン 取締役 阿久津雄一

デザイナー

株式会社GKインダストリアルデザイン 取締役 阿久津雄一+外山工業株式会社 技術部開発課 山田 章 

詳細情報

http://www.greenlife-web.co.jp

開始日
2005年2月
価格

7,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

日常生活で様々な商品を使っている一ユーザーとして、最も不満な道具の最右翼はホースリールではないかと常々感じていました。今回、ホースリールの開発に関わる良い機会に恵まれ、デザインの視点から根本的な使い勝手の問題解決や画一的なブルーやグリーンのホースからの脱却に取り組むことが出来、長年の胸のつかえが下りたような思いでした。

デザインのポイント
1.機能とデザインの融合によって、従来の商品にあった使い勝手の問題を解決
2.安定感を重視し、脚部の接地距離を充分に確保した低重心のフォルム
3.住宅エクステリアの景観との調和を考慮した外観イメージと色調
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

「スイングガイド」により、ホース巻き取り時に片手でホースを左右に振るわずらわしさを解消。「スイングタンク」に貯水することにより、巻き取りながらホースに付いた泥汚れを洗浄することができ、更に水の重さによる安定性向上を実現しました。また、従来のホースリールは庭や玄関先にマッチするデザインのものがありませんでした。そこで、住宅の外壁をイメージした、シンプルなスタイリングとカラーリングで景観調和性を向上させました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

ホースは長時間紫外線にあてると劣化して変色してしまいます。そこで、使用しないときはスイングタンクを上へ回転させてカバーすることにより、紫外線から守るようにしました。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

設計の段階において、細部のディティール、角Rの大きさ、ロゴマークの位置、大きさなどをアドバイス。また、カラーリングに置いても、使用シーンを想定して数パターン提案。グレーの明度についても細かな調整を行った。

審査委員の評価

安定感の悪いホースリールが多い中、低重心の安定したフォルムが評価された。さらに、「スイングガイド」並びに「スイングタンク」機能によるデザインソリューションは、日頃のユーザーの不満に対し明確な解になっており、すばらしい。ホースを含めた全体の質感およびカラーデザインも上質で、樹脂製品の軽薄になりがちなイメージを払拭していて、デザイナーの力量を感じる商品である。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   黒川 玲   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ