GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
トレーニングカップシステム [マグマグ/ベビーカップ・トレーニングスパウト・トレーニングコップ・トレーニングストロー(03928-03935)]
部門/分類
商品デザイン部門 - 日用品・ガーデニング用品・雑貨
受賞企業
ピジョン株式会社 (東京都)
受賞番号
05A02003
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

赤ちゃんの成長に合わせ、赤ちゃんの口腔、飲み方、腕の操作機能等の発達研究に基いて、最適な形状・材質(物性)とした4タイプの飲み口を交換できるシステムカップ。赤ちゃんの発達に対応することはもちろん、保育者である母親に使いやすいように、赤ちゃんに渡しておいても、持ち運びの際にも、漏れにくい構造になっており、衛生的に使用できるように、分解組立てが容易で、細部まで洗浄・消毒可能な構造としている。

プロデューサー

ピジョン株式会社 商品開発部マネージャー 岩山秀樹

ディレクター

ピジョン株式会社 マーケティング部 商品パッケージG 川野裕介/商品開発部 ハードG 上原弘之、片岡信一

デザイナー

有限会社ムーヴ/デザイン・デザインディレクション 代表取締役 北村光彦/デザイン 関直之

MOVE 北村光彦

詳細情報

http://pigeon.info

開始日
2005年8月8日
価格

1,200円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ピジョンがオリジナルとして考案した赤ちゃんの発達に伴い4つの飲み口を持つシステムカップの基本コンセプトを継承し、更に進化させることに配慮した。飲み口と取手の角度、漏れ防止の向上、部品点数の削減、コンパクト化がおもな進化点。また、コップ底面へのエラストマー被覆は何かに叩き付けても相手の傷を防ぐとともに既存品との差別化をユーザにわかりやすくするための配慮とした。

デザインのポイント
1.共用カップと上部各アイテムの形状にシリーズ感を意識しながらアイテム単体での造形構築にも配慮した。
2.機能性アップを商品全体で表現。カップにも底部を逆テーパー形状にしラバー保護で安心感と安定感をプラス。
3.部品点数を減らし、消費者の取り扱いの簡素化を実現。コンパクトで使い勝手の良さを訴求し実現した。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ユーザーである赤ちゃんに対しては、「口腔発達に対応した機能」や「柔らかさや持ちやすさ等の使いやすさ」を追求し、赤ちゃんの成長・発達に合わせて、飲み口を交換できることに加えて、ハンドルの形状も変わることで、持ちやすさ、飲みやすさを向上させた。また、その上で、母親などの育児者への配慮として「漏れ出しにくい密閉構造」や「ストローからの吹出しを防ぐ通気孔」、「コンパクトにしつつ部品点数を削減」等、安全性や洗浄等の利便性を追求した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

赤ちゃんの飲み方、手の発達を自然に促すために、成長・発達に合わせて飲み口を交換できることはもちろん、脇が開けられない低月齢の赤ちゃんには、傾いたハンドル、腕が広げられるようになった赤ちゃんには真っ直ぐなハンドルと、常に最適なハンドル形状に交換できるようにすることで、長期間使用できるだけでなく、常に最適な形を提供できるようにした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

販売に対して「赤ちゃんの口腔発達のメカニズム」や「赤ちゃんのストロー及びカップにおける飲み方の特徴」について、積極的に啓蒙活動を行った。

審査委員の評価

成長に合わせた4タイプの飲み方をデザインした製品で、形状、材質ともによく考慮されており評価できる。何より重要な衛生面も、漏れない工夫がされつつ分解組み立て出来る設計がなされ、「細部まで洗浄が可能」。飲み口、取っ手の握りやすさは子の立場から、清潔かつ漏れにくい構造は母親の視点からと両者を満足させる機能表現は秀逸である。強いて粗を探せばカラーデザイン。目新しさだけでなくユニバーサル的な発想からのカラーデザインを期待する。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   黒川 玲   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ