GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
腕時計 [SEIKO PROSPEX(プロスペックス) SBDB001]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
セイコーウオッチ株式会社 (東京都)
受賞番号
05A01021
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1965年に発売した国産初のダイバーズウオッチの40周年を機に、究極のダイバーズウオッチを目指しJIS・ISO規格を満足することはもちろん、600m飽和潜水用防水を実現した。ムーブメントにはセイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」を搭載し、ケース素材には軽量かつ耐久性に優れたブライトチタンを使用。現在のセイコーが有する最高の技術力を集結させた商品である。

プロデューサー

セイコーウオッチ株式会社 マーケティング企画一部 主事 千田淳司

ディレクター

セイコーウオッチ株式会社 デザインセンター 主事 佐藤紳二

デザイナー

セイコーウオッチ株式会社 デザインセンター 主事 小堀彰大 

詳細情報

http://www.seiko-watch.co.jp/psx/

開始日
2005年5月12日
価格

472,500円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

規格の厳しいダイバーズウオッチの開発において、最高の操作性を得るための回転ベゼル形状や最良の視認性を追求した針の形状に注力した。これまで築いてきたセイコーの伝統と先進性を結集した、現代にふさわしいダイバーズウオッチの開発を目指した。

デザインのポイント
1.グリップ性と回転操作性に優れた非対称ローレット形状の回転ベゼル
2.バランスの良い太い針と厚く塗布した夜光塗料を持つ大きなインデックス。視認性と機能美を両立させた文字板
3.ベゼル着脱の機能を持たせつつ、存在感を追求したケース上面の六角レンチ式の新規ネジ
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

●ダイビング時に装着する手袋のため、回転ベゼルの操作性が悪くなることに着目し、グリップ性と回転操作性に秀でた非対称ローレット形状を新規開発した●針を最大限長く、太い形状にし、アワーマークには夜光塗料を厚く塗布し、高い視認性を実現した●回転ベゼルの内部に溜まった異物をユーザーが簡単に除去できるように、ケースの2箇所のネジによりベゼルを簡単に外せる構造を考案した

審査委員の評価

斬新さを求められる今日的な開発の中で当たり前のことを当たり前にすると言う造形が共感を呼ぶ。電池を使わないスプリングドライブ駆動機構という独自の駆動方法や、回転ベゼルの非対称の溝形状といった構造の先端性が全体にデザイン的印象を損なわないよう取り込ませている高い造形力と評価する。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ