GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ドライビングサングラス [ozniS Motor Magazine Model]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
有限会社イージス (大阪府)
大浦一成 (大阪府)
株式会社モーターマガジン社 (東京都)
受賞番号
05A01016
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ドライビングサングラス。それは視界を広くする工夫や、見え心地、掛け心地の良さなどを追求してゆく前に、クルマづくりと同じく、万が一の事故の場合を想定しなければならないと考えました。形や機能面がいくら優れていたとしても、万が一の事故の場合、サングラスを掛けていたことで目や顔にケガをしてしまっては本末転倒。正面衝突事故で、エアバッグが開いたときの衝撃や、ハンドルに顔をぶつけた衝撃時もドライバーの目を守ることができ、もちろん光学性能に優れ、視界が広く、長時間掛けていてもストレスのないサングラス。TALEX社製偏光レンズCACCHU(カッチュウ)とozniSだから完成したドライビングサングラスです。

プロデューサー

有限会社イージス

デザイナー

大浦一成

詳細情報

http://oznis.exblog.jp/i2

開始日
2005年10月22日
価格

33,600円 / セット

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ドライビングのプロの方々と、「公道を安全に運転するために、サングラスがギアとして必要なのか?またその必要な機能とは何か?」を協議し、セーフティドライブをコンセプトとしてデザインしました。安全運転に欠かせない視界の良さや広さ、ストレスのない掛け心地の良さを、今回のデザインで実現しています。また、万が一の事故の場合を想定し、割れないレンズ素材CACCHUレンズ(TALEX社製)を採用しました。

デザインのポイント
1.多くの視覚情報を得るため、光学性能を持った球面レンズをフレームの中心までデザインしたレンズ形状。
2.メガネフィッティングの知識をお持ちでない方にも簡単に調整できるテンプルをデザイン。
3.総重量17gの軽さとリムレスのようなすっきりした印象の外観でありながら目を守る安全性を持つ。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

左右の耳の高さ違いからサングラスが斜めに掛かってしまう。という不具合を、メガネフィッティングの知識をお持ちでない方にも簡単に調整できる新機構のデザインで解消し、レンズがまつ毛に当たる、フレームが頬骨に当たる、目とレンズの頂点間距離が近くてレンズが曇る。といった不具合を、3種類選べて簡単に交換できるノーズパッドで解決した。また、長時間の運転で、掛けていてストレスのないサングラスは、安全につながるギアであると考え、メガネをかけ慣れないドライバーにも、軽くて掛け心地のいいフレームをデザインした。

審査委員の評価

メガネのフィッティングの知識が無くても簡単に調整できる仕組みを造形の中に巧みに取り入れている。衝突事故の際にはエアバッグからくる顔への衝撃からも目を守るドライビング用サングラスとしての構造が今までに無かったメガネの造形になっている。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ