GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ワークショップ「き」組 [山と職人と住まい手をつなぐ共存共栄の家づくり]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
有限会社松井郁夫建築設計事務所 (東京都)
TSウッドハウス協同組合 (徳島県)
有限会社浜中材木店 (東京都)
モクネット (秋田県)
株式会社石川木材 (静岡県)
風基建設株式会社 (東京都)
有限会社キューブワン・ハウジング (東京都)
株式会社目時工務店 (東京都)
有限会社古民家工房 (東京都)
石川工務店 (埼玉県)
株式会社持井工務店 (千葉県)
渡辺工務店 (埼玉県)
おだ住建 (福井県)
有限会社エスエス (神奈川県)
木住研 (埼玉県)
受賞番号
04D01024
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

山、職人、住まい手、設計者が協同して家づくりを行う、共存共栄の仕組みです。山に管理費用を還元することで美しい山を取り戻し、職人には伝統の技を生かす場所を、住まい手には適正価格で木組の家を提供します。設計者が積算を行ってガラス張りの見積りをし、材木を山から直接買うことでお金の流れが明確になっています。山の木がうまく循環し、建てた家は世代を超えて住み続けられ、日本の伝統が守られていく家づくりは、みんなが元気になれる家づくりです。

プロデューサー

(有)松井郁夫建築設計事務所 代表取締役 松井郁夫 

ディレクター

(有)松井郁夫建築設計事務所 代表取締役 松井郁夫 

デザイナー

(有)松井郁夫建築設計事務所 代表取締役 松井郁夫 

詳細情報

http://www.kigumi.jp

開始日
2003年2月1日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

「無垢の木の家に住みたい」と考える住まい手の皆さんに、手の届く価格で「よい家」を提供したい。「伝統の技を持つ腕のよい職人さん」たちに「よい仕事」を残してもらいたい。「荒れている日本の山」に再び木を植える事によって「美しい山」に戻したい。という思いから、この「木組の家」プロジェクトを運営したいと考えています。この考えに賛同してくださる方達の、新しい関係をワークショップ「き」組と呼びます。

審査委員の評価

同種の取り組みは全国的に増え、新規性そのものは感じないが、事業的にも具体的で良質な成果を上げている点を評価。職人の木工技術にIT技術をプラスし新しいビジネスモデルを作ろうという開発姿勢にも共感できる。

担当審査委員| 赤池 学   紺野 登   タナカ ノリユキ   日高 一樹   山中 俊治  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ