GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
長崎水辺の森公園 [長崎市常盤町]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 環境デザイン
受賞企業
長崎県知事 金子原二郎 (長崎県)
伊藤 滋(早稲田大学) (東京都)
篠原 修(東京大学教授) (東京都)
石井幹子(株式会社石井幹子デザイン事務所代表取締役) (東京都)
上山良子(長岡造形大学大学院教授) (東京都)
林 一馬(長崎総合科学大学教授) (長崎県)
鈴木崇英(株式会社UG都市建築最高プロジェクト顧問) (東京都)
株式会社上山良子ランドスケープデザイン研究所 (東京都)
株式会社石井幹子デザイン事務所 (東京都)
西村浩+ワークヴィジョンズ (東京都)
株式会社アーバンデザインコンサルタント (東京都)
アジア航測株式会社 (東京都)
復建調査設計株式会社 (広島県)
受賞番号
04B02008
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本の鎖国時代にも外国に唯一門戸を開いていた長崎港は文化の織りなす土地柄である。ここに豊かなオープンスペースを県民に提供すべく、長崎県は環長崎港地域アーバンデザイン専門家会議を創設、各分野の専門家がデザイン、相互審議に当たり、長年の取組みの結果長崎水辺の森公園は平成16年3月全面オープンした。長崎港に面した6.5haの敷地には水路が縦横に交差し公園を大きく3つのエリアに区分する。都市に面する「水辺のプロムナード」、海に面した芝生広場と森の「大地の広場」、山からの湧水を利用した「水の庭園」。これらを橋梁が繋げ、夜景は光の別世界が展開する。開園から二ヶ月、早くも県民の憩いの場として定着している。

プロデューサー

伊藤滋(早稲田大学教授)

ディレクター

篠原修(東京大学教授)<br>石井幹子(株式会社石井幹子デザイン事務所代表取締役)<br>上山良子(長岡造形大学大学院教授)<br>林一馬(長崎総合科学大学教授)<br>鈴木崇英(株式会社UG都市建築最高プロジェクト顧問)

デザイナー

株式会社上山良子ランドスケープデザイン研究所<br>株式会社石井幹子デザイン事務所<br>西村浩+有限会社ワークヴィジョンズ<br>株式会社アーバンデザインコンサルタント<br>アジア航測株式会社<br>復建調査設計株式会社

アーバンデザイン専門家

詳細情報

http://www.mizubenomori.jp/

開始日
2004年3月27日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

場所にはその「土地の記憶」、そこでしか作れない空間がある。「鶴の港」と呼ばれ市民に親しまれてきた長崎港に面したこの広大な敷地は、近代日本を築いた立役者が活躍した土地に囲まれている。この文化の種を蒔いた「土地の記憶」を継承し、未来の子供たちに伝える空間として、世界に発信する場として、我々は長崎水辺の森公園づくりに取組んだ。この公園で新たな文化が芽吹き世界へ発信していくことを願っている。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.入り組んだ地形に広がる長崎港の様々な視点場から見られる「舞台」となる敷地に対し、大きな視点からのデザインと目線で見るきめ細かいデザインが織りなす豊かな空間であること。品格ある名所となる公園となること。
2.長い歴史と深い文化とともに暮らしてきた長崎県民のための貴重なオープンスペースとしての要望に応えるものとして、また県外からの来訪者を誘う場として、クオリティの高く、かつ安全な公園であること。
3.都市デザイン、橋梁、建築、照明、ランドスケープの各分野の専門家が各々責任を持ってデザイン監修に当たるとともに、全分野の協働により総合的に練り上げられた空間をもつ公園であること。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

この土地にしかできない固有の空間を持つ公園を創造することにより、長崎の「土地の記憶」を未来に継承していくこと。また、その空間デザインが新しい世紀に相応しく、世界に発信するものであること。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

利用者が「自分時間」を持てる選択性を確保する、つまり利用者の発想によって様々な使い方ができる空間・施設であることが大切であり、これらがアクティビティを誘発し参加したくなる舞台の設いを持っていること。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

時間が経過するほどに豊かな公園となるよう「100年の系」を念頭に、時間軸に対応する素材の選択、空間・施設デザインを行った。通年「24季」を演出する植栽はやがて森となり豊饒な空間を形成するよう計画した。

審査委員の評価

忘れ去られた埋め立て地に質の高い空間が実現されている。子供から大人までが様々な楽しみ方をできるように配慮され、また年月が経過し、やがて水のそばの豊かな森の公園となるように計画されている。この場では時間までもがデザインされている。

担当審査委員| 内藤 廣   川上 元美   北山 恒  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ