GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
プライバシー侵害を回避するためのパンチ [ネームオフ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 文具、オフィス雑貨・家具・設備
受賞企業
インフ・デザイン・オフィス (東京都)
株式会社ケーティーエフ (東京都)
受賞番号
04A09021
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ダイレクトメール(以下DM)や請求書等から宛名やカード情報などの個人情報部分を切り取りることでプライバシーを保護し、廃棄時の不安を軽減する新文房具です。パンチの要領で7つの近接した穴を開け、住所・氏名などを簡単に切り取ることができます。シュレッダーのように置き場所をとることがなく、使いたいときに気軽に手に取ることができるのが特徴です。さらにシュレッダーのように全体を裁断し、ゴミの体積を増大させるといった問題点がありません。処理後のハガキや封筒も形状が崩れないため、まとめて資源ゴミとして回収に出すことが可能なことから、環境問題にも寄与します。

プロデューサー

インフ・デザイン・オフィス 渡辺 実佳

ディレクター

インフ・デザイン・オフィス 渡辺 実佳

デザイナー

インフ・デザイン・オフィス 渡辺 実佳

デザイナーの顔写真

詳細情報

http://www.infdesign.jp/

開始日
2004年11月1日
価格

1,300円(予価) (円(予価))

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ダイレクトメールを廃棄する際の宛名の処理についてずっと不便を感じていたデザイナーが、自分だけでなく社会にとっても必要なものと確信し、それを実際に社会に供給すべく製造に踏み出しました。人の暮らしに必要なものを発見し、問題を解決し、新たな需要・市場を生み出すというデザインの基本的な役割を意識し、スタイリングという範疇に留まらず、今までにない新しい道具としてその存在自体からデザインしました。

デザインのポイント
1.従来のパンチの横型からホッチキスのような縦型にすることで、大きさを最小限に抑えました。
2.切り取られた破片の大きさにも配慮し、そこから情報を読み取られるという心配はほぼありません。
3.穴を開ける位置をガイドする形状やマークをスタイリングの中に組み込みました。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ほぼ毎日届くDMを負担を感じず処理するために、第一に身近なところに置けて、使いたい時にすぐ手にとれる大きさ・形状であることを重視しました。処理方法もパンチの要領で、誰でもすぐにその使い方を理解することができます。ダイカストによるある程度どっしりした重量は、商品寿命を長くするとともに、使用時の安定感につながります。上から力をかけるため、握力などは必要とせず、安心して使っていただくことができます。この商品の最も大切な要素となる「いかに処理したい部分に的確に穴を開けるか」については道筋をガイドする切れ込みや穴位置を示すマーカーを配置することで解決しました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

最も力のかかる機構部分には特に注力し、ダイカストによる堅牢な構造ですぐに壊れるということがなく、はさみやホッチキスのように一家にひとつはある定番商品として長く使っていただけるよう考えています。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

商品の存在価値である「気軽に手にできる大きさ」を実現するために穴が縦に並ぶこと、切り取った際の切れ端から情報が読み取れる危険を無くすために近接した小さな穴が連続して開くことが商品化の必須条件でした。製造側としては力の負荷の問題から、通常のパンチのように横型であることや、多数の穴を開けるよりひとつの大きな穴でという提案が出されましたが、譲れない点として技術検討し、実現しました。

審査委員の評価

個人情報が悪用される最も身近なものの中にDMや請求書があり、内容そのものに増して住所氏名等はプライバシーを保護する為に最も消し去りたい箇所である。従来のシュレッダーと異なり、手軽に利用できるパンチ機能を用いて、削除したい箇所を切り取る発想はユニークで、結果不要な量高いゴミを減らす効果も持ち、新しい分野の道具を生み出した点は大きく評価できる。また、手にした時の堅牢感や使い慣れたステープラー的機構導入は安心感があり、デザイン的にもよくまとまっている。

担当審査委員| 山村 真一   五十嵐 久枝   井上 斌策   堀木 エリ子  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ