GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ミニショベル [ビートルシリーズ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
コベルコ建機株式会社 (東京都)
受賞番号
04A08029
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本機は主に土木工事に用いられる小型の掘削機であり、旋回時にも後端半径がはみ出さない後方超小旋回型に属する。このビートルシリーズは、“小さな機械で早く仕事を終わらせる” を開発の基本コンセプトとし、パワフルかつスピーディな掘削・走行性能を実現して『仕事量』を抜群に高めるとともに、広くて快適かつ安全な運転空間による『居住性』や、優れた耐久性・整備性により高性能を永く維持できる『持久力』を盛り込むことで、従来機に比べより一層商品価値を向上させた。さらに排ガス対策や低騒音化など、グローバル商品としての環境ニーズにも充分配慮している。

プロデューサー

コベルコ建機株式会社

ディレクター

コベルコ建機株式会社

デザイナー

株式会社エムアイエムデザイン 前原健男

詳細情報

http://www.kobelco-kenki.co.jp/pickup/pnb/index.html

開始日
2004年5月1日
価格

3,450,000 ~ 5,840,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

デザインの背景にあるのは「グローバル」。つまり世界市場における新たな価値基準である。そのためにはこのビートルのメッセージが、言語を問わずストレートに伝わることこそ最も重要であると考えた。そこで、言葉が多様なことと同様にさまざまな価値観を持つ人々に対し、充分な存在感を与えるスタイルを目指した。その上で、タフであり、かつ先進的であることをコンセプトとしながら、各要件へのこだわりを「かたち」にしている。

デザインのポイント
1.重機ショベルに劣らない性能と耐久性を実現していることを、視覚的にも印象付けることを狙った。
2.常に進化し続ける製品開発を行う企業姿勢の象徴となるよう、先進性を感じさせることを心がけた。
3.従来機と大きく変わったことを感じさせながらも、コベルコらしさを失わない継続性を心がけた。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

エンドユーザにとってのメリットとなる掘削機としての高機能と高性能の具現化はもちろんであるが、例えば、日常的に操作する機器のための専用小窓の設定、出庫管理者が確認しやすいアワメータ位置、ほとんどの整備はガードを開けるだけで済む機器レイアウトなど、この機械に携わるさまざまな立場の人にとって有効となる細かな配慮を随所に盛り込んでいる。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

掘削アタッチメントには過剰ともいえる耐久性を持たせ、不特定多数が使用するレンタル用途における想定外の使用にも耐えられることを目指した。また外装には樹脂を使用せずに鉄板を用い、補修のしやすさに配慮するとともに、再資源化のしやすさも心がけた。

審査委員の評価

細部にわたって継続進化させた結果、高い完成度を示したデザインの仕事振りを高く評価した。抑制の効いたデカール類の処理も好感が持てた。旋回時にカウンターウエイトが車体より突出しない小型パワーショベルのリーダー的商品である。

担当審査委員| 馬場 了   金田 博   肥田 不二夫   平田 喜大  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ