GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
新型ボルボV50シリーズ [ボルボ・CBA-MB5244 CBA-MB5254 CBA-MB5254A]
部門/分類
商品デザイン部門 - 乗用車および関連商品
受賞企業
ボルボ・カー・コーポレーション (Sweden)
受賞番号
04A07064
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

50年以上にわたるエステート造りのノウハウをコンパクトに凝縮したボルボ・エステートのエントリーを担う戦略モデル。ダイナミックなデザインと走りは、ユーティリティ性能の高いワゴンであるとともに、スポーティさを強く意識したもの。特許を取得した複数のクランプル・ゾーンを持つ新しいフロント構造などにより、ボルボの上級モデルS80と同等の世界最高レベルの安全性を確保。インテリアは、非常にユニークなフリーフローティング・センタースタックをはじめ、これまでとは全く異なるデザイン手法を採用。また、海外ブランド輸入車として初の「超・低排出ガス車”三ツ星”」認定(平成12年排出ガス基準75%低減)を取得。

プロデューサー

ビークルライン・ディレクター/ピーター・エヴァーストランド

ディレクター

ボルボ・カー・コーポレーション/デザイン・ディレクター/ヘンリック・オットー

デザイナー

ボルボ・カー・コーポレーション/インテリアデザイン・チーフ/ガイ・ブルゴイン他

ヘンリック・オットー、デザイン・ディレクター

詳細情報

http://volvocars-jp.com/html/v50/

開始日
2004年5月
価格

3,550,000 ~ 4,450,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

革新的であるためには、ライバルがやっていないことに目を向けることが重要です。インテリアに導入された革新的なデザイン「フリーフローティング・センタースタック」は、その革新的なデザインの象徴です。その実現には考え抜かれた豊かな発想と努力を結集させ技術的に可能にするソリューションを見つけることが必要でした。そのデザインは機能的で美しく、ミニマリズムによるスカンジナビアン・デザインの真髄を表現しています。

デザインのポイント
1.北欧デザインの伝統と最新技術からインスピレーションを得た業界初のフリーフローティングセンタースタック
2.真上から見ると、ボートのようなプロフィールを持つボディ・デザイン。明解なキャブフォワード・デザイン
3.エクステリアの随所にボルボの伝統的なアイデンティティを表現し、よりコンパクトなボディに凝縮 
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

インテリアは、様々な素材を自然な方法で組み合わせた複数のレイヤー構造となっています。重要なコントロール機能を果たすフリーフローティング・センタースタックはあたかも自立しているかのように最上層を形成し、ダッシュボードから走る上部レイヤーは、やや高い位置に取付けられたショルダーラインへと繋がり、乗員を包み込みます。その空間は、まるで自分の家でくつろいでいるかのように安心感を与え、センタースタックと共にダッシュボード上のメーターフードやベント類が開放感を演出。この計算されたインテリア構成により、大型モデルのインテリアのようなクールな印象を与えています。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

ルーフを除き、全ての外部板金は亜鉛メッキされ、腐食可能性の強さに合わせてコーティングの厚さを変え十分な防錆処理を施しながらも余分な重量増が回避されています。フロント・バンパーには、ボロン・スチールによる高剛性クロスメンバーを内臓。縦方向のボディメンバーとの接続部は「クラッシュボックス」として設計され、リーズナブルなコストで容易に交換可能。全てのインテリア布地はOko-Texスタンダード100認定の非アレルギー素材使用。総重量の85%の高いリサイクル率を達成。また、製造時、使用時、廃車時に環境に及ぼす影響を記した「環境製品宣言書」が必ず用意されます。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

50年以上にわたり培ってきたボルボのエステート造りのノウハウが生かされた高い実用性を持つラゲッジスペースと多様なシートアレンジは、その美しい内装デザインに機能美までも付加しています。リアハッチの開口レベルは低い位置にあり、開口部は四角いので荷物の積み下ろしが非常に楽にできます。ラゲッジスペースは実質的な使い勝手を最優先した寸法・設計になっており、便利なグロサリーバッグホルダーが標準装備のフラットなラゲッジフロアはバンパーシルと同じレベルとなっています。また、フロント助手席のシートバッグを倒せば、全長3mほどのフラットな荷物空間が出現し長尺物の積載も容易にできます。

審査委員の評価

他のワゴンと違い、丸い感じを残しながら引き締まって見えるスタイリングを評価。フォルムの凝縮感はV50だけの個性。

担当審査委員| 平野 哲行   有元 正存   片平 秀貴   舘内 端   蓮見 孝  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ