GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
イモビライザー [音声ガイド イモビライザー]
部門/分類
商品デザイン部門 - 乗用車および関連商品
受賞企業
株式会社アルティア (東京都)
受賞番号
04A07020
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

増え続けている車両盗難から愛車を守るべく、電子照合によるID認証がされない限り、不正に複製されたエンジンキーやピッキング等ではエンジン始動を不可能にするシステム。動作状況や操作方法、更には本体の故障時等にも音声にて知らせてくれる音声ガイドシステムを搭載。機能性を追及した電子キーはリモコン等と違い電池が不要な為、水や衝撃にも強く、いざという時の電池切れによる不作動の心配も無い。電子音への変更や電子キーの追加、システム本体の一時停止モード等も搭載。市販等のリモスタやターボタイマーにも完全対応!!車種別専用ハーネスを使用し、付属の特殊部品を使用することで、取付し易いが防盗性が高い取付構造を採用。

プロデューサー

株式会社アルティア 用品開発部 主管 世古恭俊

ディレクター

株式会社アルティア 用品開発部 先行商品開発グループ 主担 木村俊広 

デザイナー

株式会社アルティア 用品開発部 先行商品開発担当 岩渕広明

詳細情報

http://www.altia.co.jp

開始日
2003年12月1日
価格

オープンプライス

問い合せ先

(株)アルティア ウエブビジネス推進部
Email: c70@mail1.altia.co.jp
URL: http://www.altia.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

電子キーのサイズは、車両キーと一緒にキーケースに入れて持ち歩ける様、小型で使い勝手の良いデザインを前提として開発。パッケージは夜間駐車でもしっかりと車両をガードしている様をイメージとした。また機能美、性能美を徹底的に追求し、老若男女問わず、誰もが使用し易い商品を目指して開発した。

デザインのポイント
1.電子キーの平面部分を増やし、ブランド名記載と同時に滑り止めとし、手になじみやすい形状とした。
2.使い勝手を追求したアルゴリズムデザインを構築。老若男女問わず、誰にでも操作しやすい設計とした。
3.音声内容は状況によりセキュリティ効果が高く、わかりやすい文言とし、聞き取りやすい声質を採用した。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

操作が複雑であった今までのセキュリティに一線を画すべく、「簡単、安心」をキーワードに開発。状況により、文言の言い回しを変更。設定変更時等は音声に沿って操作をするだけで各種操作ができてしまう設計とした。更に音質も、どのようなユーザーの方にも聞き取り易くする為、スピーカー、アンプの調整の他、通常使用される事の多い音声合成を一切使用せず、全ての文言をアナウンサーによるスタジオ録音とした事により、聞き取り易い音声で案内する事に成功した。加えて操作自体も、ツーアクションで全ての操作が行えるアルゴリズムを開発。故障時も音声で案内してくれるので、機械が苦手な方でも、安心して使用できる設計となった。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

電子キーはセキュリティ効果が極めて高いトランスポンダ方式を採用。その為、リモコン等と違い電池が不要な為、使用する事による無駄な消耗品が発生しない。更に電池を使用しない設計とする事で部品点数も大幅に減らす事ができ、製品寿命も長くする事ができた。また携行品としては起こりえるトラブルとして水に濡らしたり、落としてしまっても極めて壊れ難い為、耐久性も格段に向上した。環境ISOを前提とした製造方法、部品選定を行っている為、地球にもやさしい。パッケージには使用部材マーク入り。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

電子キーのブランドロゴを変更できるデザインにする事で、OEM供給も可能とした。

審査委員の評価

スマートにまとめられている。音声ガイドシステムも便利で、高機能なのにコンパクト。電池不要で、使い終わった電池を捨てることのない環境フレンドリーな点も評価。

担当審査委員| 平野 哲行   有元 正存   片平 秀貴   舘内 端   蓮見 孝  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ