GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
玩具用充電器セット [NC-TTU01]
部門/分類
商品デザイン部門 - エンターテーメント・ホビー関連商品・楽器
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
04A02110
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

発熱を抑えるPTC素子(温度保護素子)内蔵により、火傷、液漏れの心配が無く安心して使用できる玩具用充電器セット。充電器1台、単3形ニッケル水素充電式電池『Every Denchi(エヴリデンチ)』2本、単2形スペーサー2個のセット。

プロデューサー

三洋電機株式会社 コンポーネント企業グループ モバイルエナジーカンパニー パワーマネジメントビジネスユニット BUリーダー 高崎良治

ディレクター

三洋電機株式会社 コンポーネント企業グループ モバイルエナジーカンパニー 経営企画ビジネスユニット デザイン部 部長 有田豊美

デザイナー

三洋電機株式会社 コンポーネント企業グループ モバイルエナジーカンパニー 経営企画ビジネスユニット デザイン部 デザイン課 能見拓男

詳細情報

http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0308news-j/0821-2.html

開始日
2003年11月1日
価格

4,179円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

充電式電池は経済性に優れ、リサイクルが可能な為地球環境にやさしいが、これまで安全性の問題から子供が対象の玩具業界では使用が推奨されていなかった。子供が使用する際のあらゆる問題点を検証し、安心して使用できる玩具用充電器を目指した。

デザインのポイント
1.ワンアクションでカバーが開き電池がポップアップするレバーを採用。
2.指先をスムーズに導き、引っ掛けやすいレバー形状。
3.子供の使用を考慮したコンパクトなラウンドフォルム。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

●レバーによる電池ポップアップ方式の採用:子供の使用を考慮し、カバー開蓋時、電池取り出し時の爪の剥がれ等の怪我を防止●電池1本からの充電に対応:電池収納部の左右どちらに挿入しても充電可能。●単2形スペーサーを採用し幅広い玩具に対応:単3形ニッケル水素充電池『Every Denchi(エヴリデンチ)』に装着し単2形として使用可能。●子供が親しみ易いカラーリングの採用:乾電池式玩具に多用されているカラーリングイメージとの統一感を意識した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

●各種寿命試験 (電池着脱耐久、フタの開閉耐久、アダプタープラグ挿抜、コード屈曲、熱衝撃、高温/低温放置等)実施による信頼性確認。●-極充電端子に、線材のネジリバネを採用し、耐久性を向上させた。●使用樹脂への材質刻印表示(内側)●必要最小限のビスを使用(1本)●子供が容易に本体を分解できないように、トルクスビスを採用。●燃焼時ダイオキシンを発生させないように、ケース樹脂にデカブロム系難燃剤を使用していない。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

●ACアダプター+DC充電器を採用。(感電防止。金属、水等の侵入による発熱、発煙対策)●カバーを無理に開けた際カバーが破損しないように回転軸が外れる構造にする事。また外れたカバーは容易に取り付けできる事。●本体を小型化する為の内部部品設計・構成検討時の助言と提案。

審査委員の評価

充電式電池は経済性に優れ、リサイクルが可能な為地球環境にやさしいが、これまで安全性の問題から子供が対象の玩具業界では使用が推奨されていなかった。 子供が安全に使えるように、逆接続による電池の発熱や液漏れの心配もなく、ワンタッチで蓋が開き同時に電池が押し出され、爪を痛めることなく取り出しやすい工夫がなされたデザインである。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   澄川 伸一   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ