GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
トレーラブル・フィッシングボート [Sugar Ray 140 Hammer Head]
部門/分類
商品デザイン部門 - スポーツ・アウトドア商品
受賞企業
株式会社シュガーレイマリーン (大分県)
受賞番号
04A02092
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

SugarRay 140 HammerHead は主にベイエリア(湾内)でのシーバス(鱸)ゲームや沿海エリアでの流し釣り、五目釣りに重点を置き、しかも街中の駐車場でも保管可能なサイズを前提として開発いたしました。また一方では家族の絆をアウトドアで深めて貰えるように親子でピクニッククルーズや小島にビーチングしてのバーベキューなども安全に楽しめる事を目的とした船底形状を有し、更に好燃費と高い運動性能を両立した新開発ドリームハルを採用しています。最大の特徴はハンマーヘッドシャークをイメージした強烈な個性を放つボートデザインで、オーナー様が心から所有することの満足感が得られるフィッシングボートです。

プロデューサー

株式会社 シュガーレイマリーン 代表取締役・宇都宮康綱

ディレクター

有限会社 クリエート安岐 代表取締役・渡邉泰文

デザイナー

株式会社 シュガーレイマリーン 代表取締役・宇都宮康綱

株式会社シュガーレイマリーン 主宰 宇都宮康綱

詳細情報

http://www.sugarray.co.jp/hammer.html

開始日
2003年7月1日
価格

1,470,000 ~ 2,000,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

これまで大手メーカーのパッケージ艇はスタイル・カラーリングともに各社夫々の個性が感じられないものが多く、ステッカーや搭載エンジンでようやく製造メーカーの判別が出来るレベルの没個性的な釣り舟が殆どです。一方、マイボートをペットの様に愛着を感じ連れ回す欧米でも強烈な個性を感じさせる釣り舟は数少なく、同時に高価です。これらの現状に対し地方ビルダーからのアンチテーゼとしてSR140HHを発表いたしました。

デザインのポイント
1.ドッキングライトを左右に埋め込みハンマーヘッドシャークの顔立ちをイメージした精悍なデザインを実現。
2.コンソール形状をハンマーヘッドシャークの背びれに見立てるようなサイドラインをデザイン的に考慮。
3.船尾のシアーラインをハンマーヘッドシャークの尾びれをイメージしたデザインでトータルバランスを追求。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

14フィートの限られたボートサイズで乗員者がより広く感じられる様にバウデッキ、フロアデッキ、スターンデッキの各形状を有効に活用できる様に設計しました。また、生簀の両サイドでの釣りも安心して集中出来る様な形状を考慮したデザインや、操船者自らが左右に竿が垂らせるように回転式ドライバーズシートとフロア形状を採用し高機能性を極限まで追求いたしました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

FRPの寿命は半永久的とも云われておりますが、製品価値として一番注意しなければならない事はボートカラーに使われるゲルコートの品質です。特に白系のゲルコートは紫外線により変色し黄ばんでしまう欠点がございます。弊社採用の白系ゲルコートは対紫外線対策を高いレベルで行っている高品質のゲルコートを使用しています。また、FRPの強度特性上ボートが波と接する面の形状に起伏を持たせると同時に積層数を最高で10プライの強度を持たせることにより船底クラックなどの割れや劣化に対して高強度でより長い艇体寿命を持たせた基本構造とデザイン形状で製造を行っています。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

一番技術的なデザイン特徴としてハル(船底)形状が上げられます。これまでの小型ボート業界で世界では類の無いのカテドラル&ステップ式ハル(弊社ではドリームハルと命名)を新規に開発し採用いたしております。このハルの最大の特徴は運動性能と静止安定性能が高次元で両立している事にあります。従来の小型釣り舟の小型故に安定性が悪いと云う最大の欠点を打開いたしました。更に従来の同クラス艇より好燃費を実現いたしております。また、乗り心地も14フィート艇としましては、よりソフトに改善されました。

審査委員の評価

街中の駐車場でも保管可能な14フィートの限られたボートサイズで乗員者がより広く感じられる様にバウデッキ、フロアデッキ、スターンデッキの形状を考え、生簀の両サイドでの釣りも安心して集中できるように配慮。また操船者も左右に竿が垂らせる。これらの全体的なフロアデザインと高い運動性能を犠牲にすることなく静止安定性を高めたハルデザインが評価できる力作といえる。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   澄川 伸一   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ