GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
高周波点灯専用形蛍光ランプ ネオスリムZスクエア2 [ネオスリムZスクエア2 FHW73ED.EN.EL/FHW103ED.EN.EL]
部門/分類
商品デザイン部門 - 日用品・ガーデニング用品・雑貨
受賞企業
東芝ライテック株式会社 (東京都)
受賞番号
04A02067
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環形蛍光ランプの製造技術を発展させ二重のガラス管を正方形に加工した世界初のスクエア二重管形蛍光ランプです。曲げ加工による蛍光体の劣化を抑制し且つ同外寸の二重管環形蛍光ランプと比較して発光長を伸ばし効率を向上させました。また、蛍光体塗布技術の改善により大幅な長寿命を達成しました。 【特長】(1)最高107lm/Wの高効率(2)環境を配慮した15000時間の超・長寿命設計(3)スリムな管径16ミリ管の採用で約25%の省資源化(4)天井モジュールから発想したランプサイズ。などで、この新ランプの開発により、今までにない店舗やオフィス向けの”新しい光のカタチ”を提案していきます。

プロデューサー

東芝ライテック株式会社・管球照明社・管球マーケティング部・生産部・部長・森 泰樹

ディレクター

東芝ライテック株式会社・技術統括部・研究所デザイン担当 グループ長 高橋 章道

デザイナー

東芝ライテック株式会社・技術統括部・研究所デザイン担当 参事 大野 肇、主査 江川 一夫

詳細情報

http://www.tlt.co.jp

開始日
2004年10月1日
価格

3,500 ~ 4,600円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

今までの施設、店舗向け角形ベースライトはコンパクト形蛍光ランプを複数搭載していたが、口金の位置による配光ムラや美的面で美しい光を演出する角形照明器具とはなっていなかった。そこで高効率、高照度を実現しつつ、且つ美的な角形照明器具に最適なランプデザインを追求した結果、このT5二重管形蛍光ランプ「ネオスリムZスクエア2」を開発できた。

デザインのポイント
1.デザイナーの直感から発想したスクエア形蛍光ランプを先行デザイン提案により商品化。
2.スクエア蛍光ランプの美的、技術的条件のなかでの最適角Rの設計と口金位置の決定。
3.スクエア形蛍光ランプをヴィジュアルに表現した一重管とのシリーズパッケージデザイン。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

蛍光ランプの口金位置決定に際して、角部か中央部かを操作性、審美性、機能性、デザイン性から各メーカーで器具開発をしていただけるデザイナーにヒアリングし中央部に決定。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

蛍光体塗布技術の改善により長時間の点灯でも光束低下を抑制し15000時間もの業界最高の長寿命を実現、地球にやさしいランプです。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

新しいランプなので店頭、カタログ、展示会において、この蛍光ランプの良さがわかるような販促デザイン提案の実施。

審査委員の評価

環形蛍光ランプの進化スタイルとして、まさに次世代の照明器具のデザインに大きな影響を及ぼす革新的な製品である。美しく明るい角形配光の照明器具の開発によりオフィス、学校など、非常に大量に使用されれ環境では、国全体としての電力の効率化、資源の節約は社会的にも貢献度が非常に高い。二重のガラス管んみすることで、さらなる効率化に対する姿勢はすばらしい。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   澄川 伸一   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ