GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
犬用レインコート [JコートB A0091BW104]
部門/分類
商品デザイン部門 - 日用品・ガーデニング用品・雑貨
受賞企業
株式会社ウォームハートカンパニー (東京都)
受賞番号
04A02056
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

犬用レインコートは着心地だけでなく,排泄に不自由無く、歩きやすい,脱げないなどの事が重要。使用頻度が高いため、JコートBの素材は,撥水と樹脂加工で防水性を強め,素材感を良くするためにワッシャー加工を施し、洗濯に対しての強度を高めています。立体構造は骨格の動きに合わせ、4つ足が自由に動かせるようにゆとりを加味し、嫌がらずに歩いたり、走ったりができます。また、着せ方は座った姿勢からでも着れるよう、背中ファスナー開きです。着せ方の手順も犬が嫌がらないよう、頭、前足、背中ファスナー、後ろ足というように考えられています。機能美と着心地の良さを追求した良質商品です。

プロデューサー

株式会社ウォームハートカンパニー 代表取締役 デザイナー 西尾 八千代

ディレクター

株式会社ウォームハートカンパニー 代表取締役 デザイナー 西尾 八千代

デザイナー

株式会社ウォームハートカンパニー 代表取締役 デザイナー 西尾 八千代

西尾 八千代

詳細情報

http://www.whcy.net/whcy/index.html

開始日
2000年4月
価格

8,925 ~ 15,750円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

犬と家族として暮らす飼い主にとって犬用レインコートは必需品です。JコートBは素材,構造,着心地,着せやすさで絶大の信頼を得ています。立体構造で4つ足が自由に動きます。本来そのままの姿を望む犬にとって快適であるという視点でデザインされた商品です。着せるオーナーにとって着せやすく、着せられる犬にとって着心地の良いもの。そしてその形がお洒落である事を考えて作り上げました。

デザインのポイント
1.背中ファスナー開きでシンプルで着せやすい構造。
2.体に適度にフィットする立体裁断による構造で着心地が良い。
3.毛色に合ったカラー展開でお洒落である。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

着る手順を考慮する事で、着せやすさと着やすさを実現しました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

人間と違い洗濯回数も多いので、撥水性を高める事と、持続する事を考慮して、さらに敏感な犬に対して素材が体になじむようにワッシャー加工をした素材を基本として、デザインした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

レインコートを特に必要とする大型犬用まで既製品として生産した。人間とは異なる1kg?40kgまでの体型をカバーする18サイズ展開と、どんな毛色にもマッチするカラーバリエーション。

審査委員の評価

着る手順が非常によく考慮されている点、歩きやすさの配慮など、機能的な問題をデザインでうまく解決させている。ファッション性でも品良くまとまっていて好感が持てる。

担当審査委員| 長濱 雅彦   キュー・リーメイ・ジュリヤ   澄川 伸一   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ