GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
非接触ICカード技術方式 “FeliCa” [“FeliCa(フェリカ)”はソニーが開発した非接触技術方式の名称で、日常生活をより楽しく便利にするために誕生しました。]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
03D01012
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ソニーが開発した非接触ICカード技術FeliCaは偽造・変造しにくく高い安全性を持ちながらスピーディなデータ送受信が可能です。カードをかざすだけの使い易さと、データを書き換えてカードを再利用できるエコロジーなシステムです。又、一枚のカードを社員証や電子マネーなど様々な用途に利用できます。アンテナとICチップを有すればカード形状のみならず時計やキーホルダ等に内蔵できます。既に香港、シンガポール、JR東日本(Suica)等の交通乗車券や全日空マイレージカード(AMC Edyカード)等にも採用され、カードは全世界累計3800万枚の出荷実績を誇っています。

プロデューサー

ネットワークアプリケーション&コンテンツサービスセクター FeliCaビジネスセンター カードビジネス事業部 営業部 統括部長 納村哲二

詳細情報

http://www.sony.co.jp/Products/felica

開始日
1997年9月1日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ソニーは1980年代後半より非接触関連技術の開発に取り組んできました。紙や磁気が主流だったカードですが、利用者やサービス運用者の利便性を追求しながら実運用に即した開発を行ってきました。今後は、既に広くご採用頂いている実績をもとに、認証、決済が必要とされるあらゆるシーンに対応すべく、FeliCa技術の開発・推進を行っていきたいと思います。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.高速処理(特に大都市交通のラッシュ時にも対応できる処理スピードを実現しました)
2.高いセキュリティー(確実なセキュリティーを要求される決済や認証などの用途に使用できます)
3.マルチアプリケーション(一枚のカードで社員証、電子マネー、など複数の用途に使えます。)

審査委員の評価

非常に具体的であり、新しい通貨の概念を浸透させている。ハードとして、ウェアラブルデザインに発展することを期待。テクノロジーと用途が上手く両立している。捨てずにずっと使える点が良い。セキュリティーに不安を感じさせない、分かりやすい工夫に期待を寄せたい。

担当審査委員| 西山 浩平   生田 幸士   黒川 玲   島田 一郎   日高 一樹  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ