GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
au design project [携帯電話キャリアによるデザイン開発プロジェクト]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
KDDI株式会社 (東京都)
受賞番号
03D01022
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

auでは2001年より携帯電話機のデザインに積極的に取り組んで来た。携帯電話キャリアが商品作りの最もコアでデリケートな領域であるデザインに着手したこれまでに例を見ないケースである。外部デザイナーとキャリア発のコンセプトデザインを開発・発表し、一部はメーカーの協力を得て商品化を進めている。またレギュラーラインナップにおける積極的なカラー展開、操作性や生産性を考慮した魅力あるスタイリングの実現をメーカーと共に取り組んでいる。こうした二つの活動を通じて、携帯電話ビジネスの将来を見据えながら携帯電話の質を追求している。

プロデューサー

KDDI株式会社 au事業企画本部 マーケティング統括部 部長 奈良谷弘/プロダクト統括部 部長 牧俊夫

ディレクター

KDDI株式会社 au事業企画本部 プロダクト統括部 プロダクトデザインディレクター 小牟田啓博/マーケティング統括部 課長補佐 砂原 哲

デザイナー

深澤直人+二階堂隆+岩崎一郎+東泉一郎+Marc Newson+カシオ 井戸透記+京セラ 増田譲+三洋 大浦哲朗+三洋M鳥取 野田静夫+ソニー 佐藤敏明+東芝 吉本一夫+日立 池田稔

開始日
2001年3月1日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

“ケータイのデザインに満足している人は少ない”これは携帯電話の普及と比例して多く聞かれるようになった声である。au design projectでは、多様化する声に応えるため、これまでに無い魅力を持ったコンセプトデザインに取り組む事で将来的なデザインを探り、また、レギュラーラインナップに於いても、メーカー側デザイナーとのコラボレーションにより幅広く質の高いデザインを取り揃える事に注力している。

審査委員の評価

携帯電話のデザインを、訴求ポイントとしてマーケティングに活かしている点を評価。単なるプロジェクトに終わらず、商品化に繋がっている点が評価できる。プロダクトデザインの持つ力をメディアも利用して上手に伝えている。

担当審査委員| 西山 浩平   生田 幸士   黒川 玲   島田 一郎   日高 一樹  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ