GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
つがる克雪ドームビッグウイング [青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻495-2]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
株式会社佐藤総合計画 東北事務所 (東京都)
青森県五所川原市 (青森県)
受賞番号
03B01047
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

津軽半島地域中核拠点施設として計画された全天候型の開閉式多目的ドームである。通年利用のドームを支える新たな技術提案をもって、人々が厳しく豊かな自然を享受できる施設計画を行っている。多様な利用をを図る「拡張グラウンドシステム」、起振機による膜屋根の「除雪技術の開発」また、雨水利用と地熱回収をジョイントした「自然エネルギーの活用」など、ローコスト化と共に自然との共生やその活用を図ったドームである。

プロデューサー

株式会社佐藤総合計画 東北事務所 取締役事務所長 清野明男

ディレクター

株式会社佐藤総合計画 東北事務所 部長 西村裕之

デザイナー

株式会社佐藤総合計画 本社 主任 長岡公一

デザイナー:長岡 公一

開始日
2002年3月1日
価格

-

問い合せ先

株式会社 佐藤総合計画 東北事務所 設計技術系群 設計
Email: n_nishimura@axscom.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

津軽の厳酷な冬に耐えるだけでなく、人々の春を待つ期待感、そして四季を通して豊かな自然と融和し、津軽の大地や人々の心と生活のリズムに呼応するドームをコンセプトとした。厳しい自然と優しく向かい合い、人々の営みや温もりを「つつむ」、季節の移ろいと共にドームが大地に戻り「ひらく」、そして新しい路が大地を「めぐる」をキーワードに形づくられたドームである

審査委員の評価

ドームの開放の方式が斬新で、従来の他目的ドームイメージを一新するものがある。除雪に対する配慮が、ユニークな建築形態に寄与している。

担当審査委員| 隈 研吾   芦原 太郎   沖 健次   黒崎 輝男  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ