GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ワイヤ放電加工機 [HS-70A]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
ブラザー工業株式会社 (愛知県)
受賞番号
03A08039
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

金型・金属部品などの高精度な輪郭加工に最適なコンパクトワイヤ放電加工機。機電一体方式でクラス最小のコンパクトサイズにクラス最大の加工エリアを実現。新開発の無電解電源、光学式リニアスケールによるフルクローズド制御、プログラマブルZ軸機構等を標準装備した、高速・高精度な加工能力(最大加工速度300mm2/min・最良面粗度2.5μm)に最大±15度のテーパ加工と多面加工インデクステーブル(オプション)を加え、部品加工?金型加工まで多彩な加工をお手ごろな価格で提供。また新型NC制御装置にGUI志向のフルカラーグラフィックスと新インターフェイスを採用し、NC操作性も格段に向上。

デザイナー

ブラザー工業株式会社 マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー 産業機器事業 開発部 開発設計グループ 岡本朋之,栗木一樹,本田亮/総合デザイン部 デザイングループ 石原陽子

岡本

詳細情報

http://www.brother.co.jp/j-machine/machine.html

開始日
2003年7月20日
価格

11,000,000円

問い合せ先

ブラザー販売株式会社 産業機器事業部 営業部
Email: pub.joho@hanbai.brother.co.jp
URL: http://www.brother.co.jp/j-machine/machine.html

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

2000年度Gマーク商品に選定された前モデルをより広い業界ユーザに向けて更にシェイプアップしました。「設備機器としてユーザに求められる真の品質とは?」ということを第一に捉え、機能や精度の向上とともにユーザインターフェイスについても大幅な品質向上をを目指しました。

デザインのポイント
1.設置面積を有効に活用できるコンパクトでシンプルな外観品質。
2.メンテナンスを含めた全ての標準操作系を機械正面に配置し操作性の単純化を実現。
3.GUI志向のフルカラーグラフィックス採用による新ユーザインターフェイスが実現するNC操作性の向上。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

小規模工場レベルへの導入しやすさ、使いやすさを重視して、全体形状は機電一体式省スペース・コンパクト性を追求し、機能性/美感/価格の適正な融合を目指した。操作性への配慮として一般操作+メンテナンス操作のほとんど全てが機器正面で可能となるようフロントローディング思想を導入。またNCプログラミング操作部については早期からハード・ソフト分野の総合開発を働きかけ、GUI志向のカラーグラフィックス表現を新規に採用することでユーザビリティの高度化を図った。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

長命工夫:浸水加工法のため、特に各部の材質の防錆性・防水性に配慮した。 廃棄工夫:各部の部品間締結は全て機械的な締結(ネジ等を用い接着等の締結を行わない)のみで構成し、廃棄時の分解しやすさに配慮した。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

デザインが担当者が開発ステップから販売促進(カタログ・ポスター・展示見本市装飾等)全般の制作および監修業務に至る一連の業務に深く関わることによって製品コンセプトやイメージの一貫性、品質のレベルアップについて、常に継続的なコントロールを実施している。

審査委員の評価

操作制御表示部のカラー化と立体表示を含めた制御パネルの丁寧な仕上げ、無駄のないシンプルな外観はまとまりのあるデザインである。デザイン担当者が表面的なデザインにとどまらず開発ステップから販売促進まで一連の業務に継続的な関わりをもつ姿勢は製品品質を高めている。

担当審査委員| 金田 博   肥田 不二夫   馬場 了   山中 敏正  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ