GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
デュアルバンドFMハンディートランシーバー [STANDARD VX-2]
部門/分類
商品デザイン部門 - 携帯電話、モバイル関連商品
受賞企業
株式会社バーテックススタンダード  (東京都)
受賞番号
03A03147
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

144MHz帯と430MHz帯に対応するアマチュア無線用のデュアルバンドFMハンディトランシーバーである。世界最小サイズ(2003年5月現在)であり、内部にアルミダイカストを使用し、144MHz帯で1.5W、430MHz帯で1Wという高い送信出力を実現した(外部電源使用時は電池使用時の2倍の出力)。またワイドバンド受信(中波、短波放送、航空無線、FM放送、TV音声など)が可能である。また、エマージェンシー機能によるストロボ発光、さらにインターネットとインターネットリピーターを通じて世界中との交信を可能にするインターネットキー(WiRES用)を有する。

デザイナー

株式会社バーテックススタンダード デザイン室

詳細情報

http://www.vxstd.com/jp

開始日
2003年6月10日
価格

32,800円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

現在、携帯電話およびインターネットにより、さまざまな情報化が進行している。そのような中において携帯電話とは違った利便性を持ち、なおかつコンパクトでありながらも堅牢感のある通信機器としてデザインした。またコンパクトなサイズであり、限られたスペースの中で、表示、キー、つまみ類をどのように配置して、多機能なハンディ機をよりシンプルなものにまとめるかに苦心した。

デザインのポイント
1.限られたスペースの中に、各パーツを効果的に配置し、基本操作は片手でもできるようにした。
2.選局用ダイヤル、音量調節用ボリュームを回転つまみとし、よりダイレクトな操作感を持たせた。
3.グリップ部のシボをマット調にし、握った時の感触の向上を図るとともに、堅牢感がでるようにした。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ボリュームとダイアルを回転つまみとしダイレクトに使用できるようにし、それぞれをある程度の大きさにすることによって片手でも操作できるようにした。(前機種のVX-1では内部スペースの関係等により1つの回転つまみであった。)

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

製品の基本性能を高めるとともに、ケースにポリカーボーネート樹脂、内部の放熱器にはアルミダイカスト(シャーシ)を採用して、耐衝撃性と強度を増した堅牢な作りとし、製品内部へのダメージが軽減されるようにした。製品の長寿化を図るとともに、ユーザーに少しでも長く使ってもらえるよう心がけた。製品が廃棄される段階での工夫については、ケース、つまみ類、バッテリー、および内部のプリント基板類が大まかに区別できる程度に留まり、今後も継続して解決すべき課題である。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

キーパッドの仕上げを これまでの乳白色(またはその他の色)に文字印刷(黒)から、黒塗装を行なった上にレーザー彫刻(加工)とすることにより、暗闇や夜間でのバックライト照明時に文字が浮き出るようにするとともに、質感を高めることを提案した。

審査委員の評価

多彩な機能と送信出力を高めながら、世界最小を実現したことを評価した。WiRSインターネットキーにより、交信の幅を世界に広げている。ポリカーボネート製ケース、アルミダイキャスト製シャーシによる堅牢化、ストロボ発光によるエマージェンシー機能、自照式スイッチなどトランシーバーに不可欠な要素を備えている。

担当審査委員| 安次富 隆   戸谷 毅史   中谷 日出   村田 智明  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ