GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
PHS端末 [NTT DOCOMO]
部門/分類
商品デザイン部門 - 携帯電話、モバイル関連商品
受賞企業
セイコーインスツルメンツ株式会社 (千葉県)
株式会社NTTドコモ (東京都)
受賞番号
03A03034
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来の腕時計型通信端末で想定されていた課題を解決した、画期的な「Wrist Mount System]を取り入れたものです。WMSとはSIIの新しいコンセプトの一つで、腕装着型の通信通話機能を持った端末をワンタッチで腕から取り外し、一般のケータイと同様に通話したり、片手で簡単に操作することを可能にしたものです。

プロデューサー

セイコーインスツルメンツ株式会社WD部 部長 佐藤弘親

ディレクター

セイコーインスツルメンツ株式会社WD部 WD部 企画営業グループ WMSクリエーティブディレクター 橋本陽夫

デザイナー

セイコーインスツルメンツ株式会社デザイン部 久米寿明、和田猛志、千田拓己、浅野陽、木津高平

詳細情報

http://www.wristomo.com

開始日
2003年5月7日
価格

37,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

腕に装着されるコミュニケーターは、映画やアニメの中で登場していましたが、実際にあったらやっぱり便利で楽しいかも?って思います。、時刻は社会性の高いメジャーなので腕に着きましたが、これだけ一般化した通話&メール機能も必ず腕に着ければ評価されると信じてデザインしました。 

デザインのポイント
1.多くのユーザー層を想定し、服や年齢や季節感にとらわれないようなフォルムを追求しました。
2.多くのユーザー方の腕にフィットするよう アジャスト方式や着脱構造まで考えました。
3.肌触りやつけ心地を考えて、裏を全面シリコンで覆い、しかもネジは見せてません。 
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

人間の肌やユビにふれる部分がおおいので 最適形状を検証するのに3次元モデリングによるデザイン検証を数多く行いました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

長く使用していだけるよう、クッションやターミナルピースの別売を提案しました。パッケージはリサイクル可能な紙素材で、取扱説明書には大豆油インクを使用しています。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

技術にたいしては、機能部品レイアウトや 機構設計時にデザイナーからのアイデアを数多く聞いていだだきました。 商品企画にたいしては、販促パッケージ各種ビジュアルの提案をし採用していただきました。

審査委員の評価

サイズやインターフェイスに問題・課題があるものの、基本的なユーザビリティは考慮されており、なによりも腕時計型情報端末を製品化したチャレンジ性を評価した。また、実験的商品であるにも関わらず、専用ドライバーでアーム角度の調節やアーム先端パーツ(S、M、L)の取り替えによって腕の太さに合わせられるなど、基本的なユーザビリティーも配慮されている。

担当審査委員| 安次富 隆   戸谷 毅史   中谷 日出   村田 智明  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ