GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ラピタ-キャバナプロジェクト [趣味を目的にしたスモールスペースのライフスタイル提案]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
株式会社タグインターナショナル (東京都)
株式会社小学館 (東京都)
那須林産工業有限会社 (栃木県)
受賞番号
02D14026
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

月刊誌が商品企画をたて読者の反響を見ながらメーカーをつのって、量産前提の試作をするというプロジェクトです。車や家というケーススタディとしては大きく異なる分野にまたがる試作ー量産の試みです。小学館の月刊誌『ラピタ』は30代から40代をターゲットにした大人のライフスタイル誌です。仕事だけの人生ではなく、歳を重ね経験を積んで始めて解る、快適な生活と遊びのライフスタイルやそのスタイルを演出する手段と道具を提案しています。このキャバナプロジェクトでは車を基地にした遊びの提案と移動型休暇小屋の提案を進めています。キャバナとは週末にすごす休暇小屋を意味しています。

プロデューサー

株式会社小学館・ラピタ編集部・ 編集長・大家正治

ディレクター

タグ インターナショナル・デザイン企画・ 主事・島村卓実

デザイナー

タグ インターナショナル・デザイン企画・ 主事・島村卓実

開始日
2002年9月30日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

成熟社会を迎えた私達に必要なのは物の豊富さでなく、経験豊富な大人が満足できる生き方の提案であり、快適な生活の提案であり、そして心豊かな遊びの提案だと考えます。夢は宇宙へ行くことや経済的に豊かになることだけではありません。車やミニハウスをベースにした遊びのプロジェクトの根幹に有るのはツリーハウスや土管の基地で遊んだ時の『楽しさ』の具現化です。

ページトップへ