GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ヒューマンファニチャーデザインプロジェクト [地場産業の優れた技を生かし、ユーザーの視点を大切に、使い手の身になって考えるユニバーサルデザイン家具の開発プロジェクト]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
岐阜県生活技術研究所 ヒューマンファニチャー研究会 (岐阜県)
受賞番号
02D14019
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

飛騨高山の木製家具産地の特性を活かしたユニバーサルデザインの家具開発を、21世紀の創造的な新製品開発の土壌づくりとして位置付けた。そのために地場産業と公設研究所、大学の研究室、そして地域居住の身体に障害のあるユーザーが連携して、家具開発の調査研究とプロトタイプ開発や製品開発、それらの評価テストを繰り返してきている。そこからシンプルで木製家具の魅力を備えたユニバーサル性能の高い製品が生み出されるとともに、データベース作成や動作テストスペースの開設など、循環型デザイン開発の基盤が、豊かな人間関係を軸として産地に形成されてきている。

ディレクター

金沢美術工芸大学 教授 荒井利春

デザイナー

金沢美術工芸大学 教授 荒井利春

詳細情報

http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~life/study/HFDP/hfdp.html

開始日
1998年4月
価格

-

問い合せ先

岐阜県生活技術研究所
Email: info@life.rd.pref.gifu.jp
URL: http://www.com.rd.pref.gifu.jp/~life/index.html

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ヒューマンファニチャーデザインの究極の目標は、産地が輝くことである。すなわち地域居住の様々な能力特性のユーザーが参加して、使いやすく魅力的な家具を開発しながら、ユニバーサルデザインプロジェクトの地域ネットワークを育むこと。そのプロジェクトの持続と増幅から、ユニバーサル性と質の高い家具の開発力を地域産業が獲得し、地域ユーザーはその生活を活性化させていくという「創造的産地」創出のデザインを志している。

ページトップへ