GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ハイビジョンTV番組 [ポートレィト]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - コミュニケーションデザイン
受賞企業
株式会社オブザアイ (大阪府)
受賞番号
02C13022
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

映像の世界に於ける最先端技術であるハイビジョンは、多くの可能性を秘めています。これまでのテレビカメラに比べて映像は格段にきめ細かく、そしてデジタルでの記録は劣化も少ない、正に最高の記録装置です。この番組は、様々な分野で活躍されている人々の今を、ポートレィト映像とインタビューでコンパクトにまとめ上げています。基本コンセプトは「人物遺産を遺す」こと。現代に、森鴎外の執筆の姿が遺されていたら、南方熊楠が山野を走り回る姿が写されていたら、宮沢賢治のインタビューが遺されていたらどれほど素晴らしいでしょう。私達の最終目標はハイビジョン映像人物事典であり、誰もが利用可能なハイビジョン映像図書館なのです。

プロデューサー

株式会社オブザアイ 制作部 プロデューサー 風間純子

ディレクター

株式会社オブザアイ 制作部 部長 中田勝之

デザイナー

株式会社オブザアイ 撮影部 柏原俊保

詳細情報

http://obserai.co.jp

開始日
2001年1月5日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

テレビ画面をデザインするという発想。そして、劣化しない、高画質のデジタルハイビジョンを駆使した人物の記録、ハイビジョン映像人物事典の可能性を模索したい。

審査委員の評価

様々な分野で活躍する人々の今を「人物遺産を遺す」という基本コンセプトにより、ポートレィト映像とインタビューからコンパクトにまとめ上げたシリーズ番組。画面をデザインするという発想による映像表現、ハイビジョン映像人物事典を最終目標とする独創的取り組みの総体が、デザイン的視点が収斂された映像作品として評価された。

担当審査委員|

ページトップへ