GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
展覧会 [デザインの解剖シリーズ]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - コミュニケーションデザイン
受賞企業
日本デザインコミッティー (東京都)
受賞番号
02C13019
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

メンバーでグラフィックデザイナー・佐藤卓によるデザインギャラリー展の新企画。日本のプロダクトデザインを対象にそのものの本質を探る展覧会である。第1回目=ロッテ・キシリトールガム、第2回=富士フイルム・写ルンです、第3回=タカラ・リカちゃんと連続して開催している。

プロデューサー

佐藤 卓

ディレクター

佐藤 卓

デザイナー

佐藤 卓

価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

これまで意識していなかった身近なプロダクトにスポットを当てる事で、そのプロダクトが持っている新しい魅力の発見を可能にし、さらにデザインという手段がどれほど重要かを、本企画を通して多くの方々に感じていただきたい。

審査委員の評価

グラフィックデザイナー・佐藤卓氏による連続デザインギャラリー展。多くの人に認知されている身近なプロダクトの成立の背景にスポットを当て、解剖(クローズアップ)してみせることで、そのプロダクトが持っている新しい魅力の発見を促し、さらにデザインという手段の重要性を分かりやすく伝えている点が評価された。

担当審査委員|

ページトップへ