GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
四国横断自動車道鳴門パーキングエリア工事 [徳島県鳴門市大麻町]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 環境デザイン
受賞企業
大成建設株式会社 (東京都)
日本道路公団四国支社徳島工事事務所 (徳島県)
受賞番号
02B11007
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

対象地は、観光地、自然景勝地、住宅地と隣接することから、約1.5kmの高速道路区間を、本格的なランドスケープデザインを展開したプロジェクトです。山のカタチから、橋、カルバート、擁壁に至るまで、高速道路とその地域との関わる空間を総合的にデザインしています。これらデザインによって、山を再生するための環境技術や、地域の原風景を保全するための景観技術、地域市民との交流を図るコミニュケーション技術など、各種技術開発が実施できたこと、市民参加型の道路づくりができたことなど大きな成果がありました。土木というフィールドのデザイン、将来資産となるための社会資本整備を創る技術です。

プロデューサー

日本道路公団 四国支社 支社長 古川 健

ディレクター

日本道路公団 四国支社徳島工事事務所 所長 浅野利一

デザイナー

大成建設株式会社 土木設計第一部設計計画室 課長 関 文夫、係長 渡邊 篤、係員 奥村敏弘

開始日
2002年7月21日
価格

-

問い合せ先

大成建設株式会社 土木設計第一部設計計画室景観デザイングループ
Email: seki@ce.taisei.co.jp
URL: http://www.taisei.co.jp/

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

土木という大きなフィールドで、デザインを展開しています。大地を相手に、山のかたちをデザインしながら、地域の原風景を保全し、地域の風景の骨格を構築する土木デザイン。21世紀に求められているものは、環境・景観に配慮した豊かな思想の社会資本整備と考えています。

審査委員の評価

全長約1.5kmの高速道路区間に、本格的なランドスケープデザインを展開したプロジェクト。山を再生するための環境技術や、地域の原風景を保全するための景観技術、地域市民との交流を図るコミニュケーション技術など、各種技術開発手法を積極的に取り入れ、市民参加型の新しい道路づくりがなされている点が評価された。

担当審査委員|

ページトップへ