GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
さいたまスーパーアリーナ [さいたま市上落合2-27]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
埼玉県/株式会社日建設計 (埼玉県)
受賞番号
01B11190
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

さいたまスーパーアリーナは、音楽、スポーツ、展示イベント等に使用される観覧場と街ににぎわいを演出する商業空間からなる複合施設である。客席やコンコース、ショップ、トイレを内包する総重量約15000t、高さ41.5mの建築ブロック(ムービングブロック)が70m水平移動することにより、約22500席のアリーナ空間から約37000席のスタジアム空間に可変し、多目的な利用に対応できる施設としている。 施設を特徴づけるスパン約130m×130mの扇状の大架構大屋根により快適なイベント空間を創り出すと共に、新都心のシンボルとなる景観をつくる計画としている。

デザイナー

MAS・2000共同設計室(代表:日建設計) 協力:Ellerbe Becket,Flack+Kurtz Consulting Engineers 照明コンサルタント:ライティング・プランナーズ・アソシエーツ サイン・色彩計画協力:ドーンデザイン研究所 技術協力:大成建設 三菱重工業

開始日
2000年9月3日
価格

0円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

施設全体に臨場感あるエンターテイメント空間を創り出すことを目指した。イベント空間を開放的で自由な造形の施設が取り囲むことで静的で閉鎖的になりがちな場ににぎわいを与え、独特の浮遊空間と立体的な界隈を形成した。ムービングブロックという21世紀のエンターテイメント空間として、かつてないシステムを提案し、また備品類からサイン、照明まで建築を取り囲むすべての構成要素をトータルでデザイン及びコーディネイトした

ページトップへ