GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
循環器X線診断システム [Infinix CS・CAS-810A他]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
01A41090
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

循環器系疾患の診断・治療を目的とした、心臓血管専用のX線血管造影システムである。心臓部の血管の狭窄部にカテーテルを挿入して造影剤を注入し、X線を利用して血流を動画で撮影できるほか、カテーテルの先端につけたバルーン(風船)で血管内の狭窄部を拡げ血流を確保するなど、外科手術を行わずに治療するIVR(インターベンション術)を行うため使用される。新規開発された液体軸受け構造を持つX線管を組み合わせ可能とすることで、管球の信頼性(高電圧の長時間使用時)を向上させ、同時に装置のコンパクト化を実現した。

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 黒川肇巳、竹萬直子

開始日
2001年3月1日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

従来のデザイン開発は、患者への配慮より医師、技師のための機能や画質が優先されていた。検査を一連の流れで捉え、患者(ユーザ含む)の肉体/精神的負担の軽減を目指す事によって操作性や検査効率改善に寄与する事が判った。「人」と「装置」両方に対する「やさしさ」へのこだわり、医療現場の把握に基づいた的確なユーザインタフェース提供などユーザが良さを実感できる製品を実現することがデザイナーの務めだと考える。

ページトップへ