GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2021

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ネッククーラー [富士通ゼネラル コモドギア i2]
事業主体名
株式会社 富士通ゼネラル
分類
業務用装身具
受賞企業
株式会社富士通ゼネラル (神奈川県)
受賞番号
21G010047
受賞概要
2021年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウェアラブルタイプのエアコン。夏季の屋外労働などの過酷な状況で働く方が快適に活動できる体験価値を目的に、 ⽔冷式ペルチェ技術を⽤いて血流が集中する頸部を効果的に冷却します。装着することでパフォーマンスが向上できる、ユーザーのモチベーションを上げるためのギアを目指しました。

デザインのポイント
1.作業者の姿勢や動作、着衣や装備から導き出した、装着ストレスを最小限にした人間工学に基づいたフォルム
2.業務用途で多く見られる重厚感を排除し、様々なシーンや用途にフィットする軽快なカラーリング
3.あらゆる体型や性別を問わないサイズ調整と、容易な着脱を可能としたフレキシブルな機構
プロデューサー

株式会社富士通ゼネラル デザイン部 三宅学

ディレクター

株式会社富士通ゼネラル デザイン部 プロダクトデザイン部 稲垣恵理、藤岡充央、上野慎太郎

デザイナー

株式会社富士通ゼネラル デザイン部 プロダクトデザイン部 山本和弘、工藤貴之、阿武広希

詳細情報

https://www.fujitsu-general.com/jp/

レンタル
2021年6月
価格

10,000円 (1カ月のレンタル価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

近年の夏季の気温上昇により、屋外で働く方の熱中症や労働災害の増加が社会問題となっています。 ・炎天下では、熱中症による体調悪化から集中力や注意力が低下し、事故に繋がりやすい。 ・直射日光を受けない場所であっても、高温多湿な場所での活動には危険が伴う。 ・熱中症対策機器も多くあるが、効果の持続性がない簡易的なものや、重量や装着性が作業の負担になるものが多い。 このような状況にも関わらず、過酷な環境で働く方の声をヒヤリングすると「暑さに負けず、活動に打ち込みたい」という想いが強く、サポートできる開発とデザインを目標にしました。

経緯とその成果

身に付けることでモチベーションを上げる体験価値を目指し、5つのアプローチを行いました。 ①「装着しなければいけない装置」から「装着したくなるギアへ」という、ユーザーが前向きな気持ちになるスポーティーなスタイル ②3つの冷却点を、金属質感による本格さとシンボリックな造形で明確にすることで、ユーザーに分かりやすく伝達 ③性別や体系の多様性に対応するため2種類のサイズを展開。バンド機構の採用により、長さの微調整を可能とすることでフィット性を向上 ④屋外作業からレジャー施設まで幅広いユニフォームにマッチし、抵抗なく受け入れていただけるライトグレイを基調とした軽快なカラーリング ⑤あらゆる首の動きに追従するフレキシブルパーツを配置、首を圧迫しすぎず適切なホールド感を実現。

仕様

外形寸法 ネック部: Sサイズ H55xW129xD130(mm) / Lサイズ H56xW143xD162(mm) ラジエーター部: H110xW98xD50(mm) バッテリー部:H108xW80xD29(mm)

審査委員の評価

「熱中症」は、ほんの数十年前まであまり馴染みのなかった病気だが、世界的な気候変動とともに、予防対策をしなくてはならない身近なものとなってしまった。本製品は「装着したくなるギア」を目指したとあるように、洗練された外観は、医療器具や音響機器とは一線を画しながらも、身につけたくなる形状・カラーリング・素材が非常にバランスよく構成されている。首回りといえど、様々な形状、サイズに対応すべく、2つのサイズ展開があり、男女問わず快適な装着感を実現しているところは高く評価できる。

担当審査委員| 本田 敬   安東 陽子   岡本 健   服部 滋樹  

ページトップへ