GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
平屋戸建住宅 [陽の家]
事業主体名
株式会社MUJI HOUSE
分類
商品化・工業化住宅
受賞企業
株式会社MUJI HOUSE (東京都)
受賞番号
20G140858
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

無印良品では、家が社会のインフラとなるべく、高耐久高性能、プラン・デザインの汎用性を基本コンセプトとし、住宅地に建つ前提の2階建て、3階建て商品を発表してきました。 今回、働き方改革やIT技術革新等による住む場所やライフスタイルの多様化に積極的に対応できる家として、ミニマルな平屋「陽の家」を開発・リリースいたしました。

デザインのポイント
1.多様化する暮らしのかたちに対応できるように、建てる場所、ライフスタイルを選ばない家の実現。
2.ミニマルサイズでも、外部空間を取り込み、勾配天井とすることで狭さを感じさせない空間デザインとした。
3.シンプルな構成の一室空間とし、住む人が自分のライフスタイルに合わせて編集できるプランとした。
プロデューサー

株式会社MUJI HOUSE

ディレクター

株式会社MUJI HOUSE

デザイナー

株式会社MUJI HOUSE

詳細情報

https://www.muji.net/ie/younoie/

発売
2019年9月21日
価格

17,500,000円 (いすみモデル棟での税抜本体工事価格)

販売地域

日本国内向け

設置場所

千葉県いすみ市

受賞対象の詳細

背景

これまで多くの日本人が求める家のかたちは、バブル期は郊外の瀟洒な住宅、近年は都市部の高層マンションというように、基本「毎日会社に通う」ことを前提にその時代の技術、環境を背景に一律的であった。しかし今後は働き方改革やIT・自動運転技術、さらにはコロナ禍後の新しい生活様式に則り、「勤務地」の呪縛から逃れた、住む場所に捉われない多様な家のかたちが望まれることが予想される。 そのようなニーズに対応するため、敷地条件に制約されないミニマルな平屋でありながら、外部空間とシームレスに繋がることで、感覚的だけでなく、物理的にも実際より広く使え、田舎暮らし、都会暮らし、のどちらにもフィットし、価格的にもリーズナブルな家を目指した。 また、上記の考え方は、一室空間とすることで、住む人が自由に間取りを編集できるという、従来の無印良品の家コンセプトとも相性がよいと考え、ミニマルな空間構成との相乗効果を期待した。

経緯とその成果

上記開発目的を達成するために、① 敷地に制約されないミニマルな大きさであること。②家そのものがミニマルである分、外部空間を感覚的だけではなく、実質的な住空間として取り込むこと。③従来の無印良品の家のコンセプトを踏襲したシンプルな一室空間とすること。④平屋には吹抜けがないが、天井に工夫をすることで、室内空間の「高さ」に閉塞感を生まないようにすること。⑤平屋は、目も手も届く範囲が広いので、2階建て以上では使い難い手入れの必要な自然素材の使用の検討 と言う具体的な課題を設けデザインワークに取り組んだ。 結果、①90㎡前後の標準プラン ②1.4mの軒、袖壁+全開口サッシの採用 ③従来より大きなスパンに対応できる吊引き戸の開発 ④一部を屋根形状に呼応した勾配天井とすることで、美しく開放感のある空間を実現 ⑤外壁、ウッドデッキに国産杉を採用 と全てにおいて満足できるレベル成果を得られた。

仕様

構造:SE構法(木造) 平屋建て 基礎:鉄筋コンクリートベタ基礎 断熱:ダブル断熱工法(外張り+充填) 面積:建築面積 110.13㎡(33.31坪)    延床面積 90.26㎡(27.30坪)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の無印良品の家モデルハウス(陽の家を見学できるモデルハウスは大分店・高崎店)
無印良品の家 大分店
無印良品の家 高崎店

審査委員の評価

シンプルで気持ちの良さそうな平屋が低価格で実現されているところが高く評価された。今までのMUJIの住宅は、2階建てや3階建てで主に都市的な環境を想定したものとなっていた。「陽の家」は平屋で、田舎暮らしや別荘にも向いた住宅となっている。汎用性を重視して、面積をミニマルに抑えながら、内部空間が外部へと連続するような工夫がなされている点が良い。サッシが袖壁に収納されて全開放できたり、深い軒が気持ちの良さそうな半外部空間を作っている。コロナ渦で家でアウトドアライフを楽しむ人が増えているがそういう時代に合ったデザインにもなっている。

担当審査委員| 手塚 由比   小見 康夫   千葉 学   山﨑 健太郎  

ページトップへ