GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
街灯 [セキュアルスマートポール]
事業主体名
株式会社Secual
分類
公共用機器・設備
受賞企業
株式会社Secual (東京都)
受賞番号
20G120747
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「Secual Smart Pole(セキュアルスマートポール)」は、従来の街灯機能+防犯カメラや防災情報連動機能等のセキュリティ機能をもち、街への安心・安全の提供だけではなく、季節や街のイベントと連動したイルミネーション機能を搭載してタウンコミュニケーションを促進させる新しいスマートタウンソリューションです。

デザインのポイント
1.環境に馴染むシンプルなポール形状に、街路灯、イルミネーション、カメラ、見守り、ネットワーク機能を集約
2.全方位で確認出来るイルミネーション搭載による防災、コミュニケーション機能を付加した次世代スマート街灯
3.モジュール構成による機能付加が容易な構造とコンパクトな制御ユニット部の詳細デザイン
プロデューサー

株式会社Secual 代表取締役 菊池正和

ディレクター

株式会社Secual 代表取締役 菊池正和+SD Lighting株式会社 代表取締役 糸永康平

デザイナー

ID PLUS INC. 代表 井植洋

利用開始
2020年2月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

Secualは、「安心をもっとカジュアルに」の理念の元、セキュリティ製品をより身近に感じられる製品の開発・販売から始まり、個人宅向けの安心の提供だけではなく、住んでいる街全体への安心の提供のために、スマートタウン事業へ参画しました。 日本では東京を中心とする都心部への人口流入が続き、ニュータウンの開発により新しい地域コミュニティ形成が行われています。 Secualは安心安全な街を創造するための定義を、防犯の強化だけではなく、新しい地域コミュニティの形成であっても、人と地域が信頼で結びつくことで防犯力を相乗的に高めると考え、地域住民が安心して街で暮らせる防犯・防災機能と、コミュニティが活性化するような仕組みを搭載した街灯の開発に至りました。

経緯とその成果

過去にグッドデザイン賞を受賞した、「セキュリティカメラ Secual Cam Ady: 17G050469」、「ホームセキュリティシステム Secual:15G040293」ともに、セキュリティの製品を通じた安心をより身近に感じれるよう、日常生活に溶け込むデザインとなっており、家の中でも住んでいるまちでも、景観を損なわないデザインで、安心を当たり前と感じられるような製品を目指しています。一般的な街路灯は灯具部に特徴ある意匠がほとんどですが、様々な環境に馴染み本来の機能としての明るさをもたらすのであれば灯具の形状はいらないのではないかという究極の考えからデザインの検討を開始し、シンプルなポール形状のみで機能の集約を具現化しました。

仕様

(1)寸法:直径139.8~216.3mm 地上高さ4000mm  (2)重量:約131kg  (3)入力電圧 AC100V/200V (4)カメラ画素数:200万 (5)解像度:HD/FullHD (6)映像配信・録画:カメラ内/クラウド (7)画像解析:動体検知/人物検知 (8)通信方式:Wi-Fi/有線LAN/BLE (9)照明制御:DALI規格準拠

どこで購入できるか、
どこで見られるか

弊社サイトにて掲載予定

審査委員の評価

防犯カメラなど複数の防災デバイスと照明を組み合わせた多機能ポール照明として、街並みのノイズとならないシンプルな形状にまとまっている。各々の機能を1つのまとまりあるデザインとして一体化させることの困難さを克服し、既に街並み部材としての実績をもつことも評価された。欧州では普及の見られる複合ポールは、国際的には新規性には欠けるが、国内での普及は非常に少ない。そういった意味で本製品の普及によりパブリック環境のトータルなデザイン整備が加速されることに大いに期待したい。

担当審査委員| 田子 學   佐藤 弘喜   鈴野 浩一   長町 志穂  

ページトップへ