GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
簡易トイレ [BENKING/便王]
事業主体名
株式会社C-SOS
分類
防災用品
受賞企業
株式会社C-SOS (東京都)
受賞番号
20G060318
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

簡易トイレの主流は段ボール製が殆どで成人向けの設計が多いが、被災者は老若男女が対象となる。高密度発泡スチロールの特性を活かし、水に強い・温かい・軽い・丈夫・幼児~高齢者が安全に使える・座り心地が良い・高排便効率等の機能性を多く備え、ストレス軽減、災害関連死の減少と減災を目的に開発された災害自助期間の為の簡易トイレです。

デザインのポイント
1.高密度発泡スチロール素材を採用(耐水性・保温性・耐荷重・軽量)
2.立体型便座(お尻にフィット・転倒防止背もたれ・左右取手で起立着座時安定・座り心地の良さ)
3.30cmの便座高(踏ん張り易い体制・排便効率促進・便秘解消・被災生活での健康維持)
プロデューサー

株式会社C-SOS CEO 地村健太郎+興亜化成株式会社 営業部 技術センター 係長 北原聖司

ディレクター

株式会社C-SOS CEO 地村健太郎+興亜化成株式会社 営業部 技術センター 係長 北原聖司

デザイナー

株式会社C-SOS CEO 地村健太郎

地村健太郎

詳細情報

https://benking.jp

発売
2019年12月25日
価格

15,000 ~ 19,000円 (税別・送料別 ①¥15,000:BENKING 3D(1名3日分相当)②¥16,000:BENKING COMPACT(1名7日分相当)③¥19,000:BENKING SLIM(1名14日分相当))

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

家族と移住した長野県で、災害による直接死よりも関連死で亡くなる方が多く、その原因の1つが災害後のトイレロス問題にあることを知りました。折角助かった命を被災生活で失うほど無駄な死はありません。これまで危機管理事業を営んできた私は、1つでも救える命があるのならと、災害時危機管理事業を社内に新設し、長野で出会った発泡スチロール加工メーカーと共同で簡易トイレの現状と問題を研究し今までの不便を修正し今回の高密度発泡スチロール製の製品を完成させました。災害時に自治体が推奨するマンホールトイレや仮設トイレは設置提供まで3~7日掛かると言われています。しかし1日も我慢の出来ない排泄行為を補うためには自助で準備をする必要があります。人=排泄なので市場は大きく、繰り返し使用できる当製品は、医療・介護、アウトドア、長距離ドライブ、企業ノベルティなどの用途も可能。海外では後進国から先進国で幅拾い用途が見込めます。

経緯とその成果

簡易トイレの多くは段ボール製。水に弱く、冬は冷たく、繰り返し使用すると形状が崩れ、成人用に作られている為、幼児だと便座穴にお尻が落ちてしまうなどの問題がありました。また、便器本体と袋・凝固剤のセットが殆どで、これでは消耗品を買い足さなければトイレを完結することが出来ません。また、災害時は高ストレスや水分不足で便秘傾向になり、体調不良の原因となるのも問題。耐水性・保温性・強靭性・軽量性・加工性などから高密度発泡スチロールという素材を起用。医師や看護師、介護士、女性の意見を聞き、便座高を30㎝とすることで排便効率の良い体制が取れる様にし、便座穴を斜めに開け、後方は大きく、前方は小さく、背後に背もたれ、左右に取手を配置し、穴落ちや転倒リスクを軽減。幼児~高齢者までが安心して使え、座り心地も追及。蓋置き台座や消耗品セットを同梱し衛生面と利便性を向上。目隠し用ブランケットも同梱しプライベートも確保。

仕様

【BENKING 本体 / 台座】 原料樹脂:ポリスチレン(PS)、 耐熱温度:80度、 耐荷重:260Kg(実測値)、 組立後サイズ:350×350×300㎜、 重量:450g 、台座サイズ:350×230×30㎜、 台座脚サイズ:175×25×145㎜ 【BENKING 同梱消耗品】①汚物受け②消臭袋③ポリ袋④ペーパータオル⑤ウェットティッシュ⑥ビニール手袋⑦エマージェンシーシート⑧クリップ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社C-SOS 信州バックオフィス 〒391-0003 長野県茅野市本町西13-11
BENKING アニメーション 「絶対絶命 おばぁちゃん編」
株式会社C-SOS ホームページ
BENKING 電子カタログ

審査委員の評価

災害用簡易トイレは数多くあるが、段ボールで出来た成人向けの製品が多い、しかし当然、被災地には子供から老人まで幅広い人々がいる。この製品は発泡スチロールという軽量な点や座りやすい構造が、子供でも老人でも使用しやすいプロダクトである点。また、仮設トイレが出来るまで3~7日間かかると言われていて、それまでの間繋ぎの製品としても使用出来る、設置のしやすさなど機能デザインが優れている点が評価された。

担当審査委員| 手槌 りか   大友 学   木住野 彰悟   藤城 成貴  

ページトップへ