GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
保育所 [上町しぜんの国保育園 (スモール ポンド)]
事業主体名
社会福祉法人東香会
分類
公共の建築・空間
受賞企業
ナフ・アーキテクトアンドデザイン有限会社 (東京都)
受賞番号
19G141134
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「保育に欠ける乳児又は幼児を保育する施設」という児童福祉法上の保育園の定義を超えて、保育園単体で子育てを完結させず、「子供を地域で育てる」ことができる場づくりを目指した。そのために建築はどうあるべきか、土地固有の歴史・地形・都市計画の成り立ち・近隣住民や保育士との対話といったフィールドワークを通して丁寧にデザインした。

デザインのポイント
1.保育の質の向上を目指した計画。保育室は独立しており、建具を解放すれば屋内外が地続きに繋がる構成など。
2.外壁後退で歩道の見通しを改善し、保育室を周辺住戸と園庭の緩衝帯にするなど、良好な近隣関係をつくる。
3.空の広がりを将来も確保できる園庭配置、水をテーマとしたこの場所独自の自然に子供が触れ合う環境づくり。
プロデューサー

社会福祉法人東香会 理事長 齋藤紘良

ディレクター

ナフ・アーキテクトアンドデザイン有限会社 取締役 代表 中佐昭夫

デザイナー

ナフ・アーキテクトアンドデザイン有限会社 取締役 代表 中佐昭夫、天野徹平

顔写真:中佐昭夫

詳細情報

http://www.naf-aad.com/works/1866.html

利用開始
2019年4月1日
設置場所

東京都世田谷区世田谷2-10-10

受賞対象の詳細

背景

横浜市都筑区にある「りんごの木子どもクラブ」という認可外保育所で保育士を務めながら、子供に関わる様々な活動(講師、イベント企画、執筆など)をしてこられた青山誠氏を、社会福祉法人東香会の齋藤紘良理事長が園長として招いたことが計画に大きな方向性を与えている。「本来、保育園はなくてもいい。子どもは自分で育つ力が子どもにはある。地域で群れて育っていける場がないから保育園が必要なだけ」という青山氏の言葉から、今回の保育園の存在価値とは何なのかを考えた結果、「子供を地域で育てる」ことができる場づくりを目指すことにした。保育方法(特徴でもある子供同士のミーティングの進め方など)のヒアリング、近隣住民への直接訪問や保育士との対話、歴史・地形・都市計画の成り立ちの調査といったフィールドワークを通して丁寧にデザインし、その過程で、保育の質の向上と、近隣との良好な関係づくりが必要になるとわかった。

経緯とその成果

保育の質を上げるためには、子供や大人が「安心」できる場(=愛着形成の下地)が必要であり、また、土・緑・光・風・暑い・寒いといった「自然」と触れ合う機会をつくるのが重要と考えた。安心を生むためのデザインとして、近隣との緩衝帯となる建物配置、空の広がりが将来も確保できる園庭配置、歩道の見通しを生む外壁後退のほか、住宅スケールの建物間口や軒高、圧迫感を減らす寄棟屋根を採用している。「自然」との多様な接点のデザインとしては、変形敷地を生かし、保育室毎に異なる光や風を感じられる空間構成、建具を解放すれば屋内外問わず敷地全体で繋がるゾーニング、自然と共存できる耐久性のある素材選定としている。土や水を多用する園庭を屋上にも連続させ、1階はRC造(2階は木造)とし、全体から部分まで、独自の「安心」「自然」を備えた建築を目指した。その環境下で、全国的にも珍しい0〜5歳の全年齢縦割り保育が行なわれている。

仕様

敷地面積:772.80m2、 建築面積:463.56m2 、延床面積:749.39m2 、主体構造:RC造+木造在来軸組工法、地上2階建

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都世田谷区世田谷2-10-10
社会福祉法人東香会 上町しぜんの国保育園(small pond)
ナフ・アーキテクト&デザイン 社会福祉法人東香会 上町しぜんの国保育園(small pond)

審査委員の評価

「本来は保育園はなくてもいい」という園長の考えのもと、保育園の閉じた環境で育てるのではなく「地域で育てる」場作りを目指したという。周辺の建物とボリュームを合わせた戸建のように見える寄棟屋根の2棟を結ぶように、園庭を囲みながら徐々に高さが上がっていく板塀で包まれた建屋が繋いでいる。構成されている要素はすべて住宅街にあるボキャブラリーで周囲に自然と溶け込んでいる。回遊性のあるプラン、中庭を囲む緩やかに上がる大きな遊具のような動線など子供達にとって魅力的な場所ができている。

担当審査委員| 永山 祐子   浅子 佳英   林 厚見   山梨 知彦  

ページトップへ