GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ショールーム [オーロラ]
事業主体名
凸版印刷株式会社
分類
商業のための建築・空間
受賞企業
aaat 高塚章夫建築設計事務所 (東京都)
Takram (東京都)
受賞番号
19G141073
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

凸版印刷株式会社の本社ショールームの計画。革新的な「印刷技術で世界を変える」という同社の理念を伝えるために、ショールームの体験そのものがフルカラーの世界となる空間を創り出した。Auroraパネル同士の重なりによって様々な色が変化しながら出現する様を吹き抜けのある回遊空間で体験することが可能となった。

デザインのポイント
1.光が作り出す色の空間
2.最新の印刷技術を使わない表現による色褪せない企業理念の表明
3.五感に働きかける空間体験
デザイナー

aaat 高塚章夫建築設計事務所 高塚章夫+Takram 緒方壽人、米田カズ

高塚章夫

利用開始
2015年8月
設置場所

東京都台東区台東1丁目5番1号

受賞対象の詳細

背景

最高の印刷技術をもつ日本のリーディングカンパニーの本社だからこそ、日々進化し続ける最新のテクノロジーを用いるのではなく、より普遍的な同社の理念に通じる“色”そのものに着目した。光の3原色の原理に基づいて、空間の中でプリズムのように光が回折する仕組みをAuroraパネルで創り上げた。これによって、光の色が生み出される瞬間を体験化することで、同社のアイデンティティをより先鋭的に表現しようと考えた。

経緯とその成果

Auroraパネルは2枚重なると虹色が発現し、見る角度によってその色合いが無限に変化する。この効果を利用して、ショールーム全体を回遊性のある空間とし、来客の動きと視点に応じてパネルが多様に重なり合い、極彩色の世界を前に訪れる人々の驚きと興味を引き出すことができた。

仕様

用途:ショールーム 構造:RC造 規模:地上1階〜地下1階部分(地上8階地下1階のうち) 面積:750m2

どこで購入できるか、
どこで見られるか

凸版印刷株式会社 PLAZA 21 AKIHABARA
aaat 高塚章夫建築設計事務所
Takram

審査委員の評価

印刷会社内にあるショールーム。凸版の「印刷技術で世界を変える」という理念に基づいた様々な取り組みがわかりやすく展開され、その場に入っただけで凸版が目指しているものがわかるように構成されている。ショールームのある地下から1Fエントランスに向けての吹き抜けにより、天井の高さがある利点を活かして、天井から吊り下げられたAuroraパネルが重なった部分が虹色に変化し、来館者に驚きを与える。さらにエントランスから地下空間への意識を高める効果を持っている。

担当審査委員| 永山 祐子   浅子 佳英   林 厚見   山梨 知彦  

ページトップへ