GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ハンドル折り畳み台車 [ダンディ エックス シリーズ タイプ エックスエー]
事業主体名
花岡車輌株式会社
分類
移動・輸送システム・サービス(ロジスティクス・物流)
受賞企業
花岡車輌株式会社 (東京都)
受賞番号
19G100693
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「DANDY X シリーズ」は物流現場の負荷軽減という社会課題を解決する物流業界向けの台車です。荷台はフレームをリブで補強し耐荷重は300kgながらメッシュ構造で軽さも両立しています。中心部を持つと階段の昇降時も段差にぶつからず車にも楽に収納できます。さらにベースモデルを9種類にカスタマイズできるシステム性も特徴です。

デザインのポイント
1.周辺への騒音を防ぐため荷台をメッシュ構造にすることで、空洞からキャスター音が抜けて走行中も静かです。
2.持ち運びのための持ち手が荷台の中央にあるので、階段に台車をぶつけず昇降したり車に楽に収納ができます。
3.ユーザーのニーズに応じてオプションを組み合わせることで、ベースモデルを9種類にカスタマイズできます。
プロデューサー

花岡車輌株式会社 取締役 総務部部長 兼 販売企画室室長 花岡 雅/取締役 営業本部部長 花岡尚

ディレクター

西村拓紀デザイン株式会社 代表取締役 西村ひろあき

デザイナー

西村拓紀デザイン株式会社 代表取締役 西村ひろあき

西村拓紀デザイン株式会社 代表取締役 西村ひろあき

詳細情報

https://www.hanaoka-corp.co.jp/dandy-x-series

発売
2018年10月1日
価格

43,632円 (税込)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

「DANDY Xシリーズ」は作業時の騒音問題をはじめとした物流をめぐる社会課題に向き合っています。ルーバー状に広がる荷台のメッシュ構造によってキャスター音は上面に抜けて車輪とフレームが反響音を軽減しており、車輪を支える鉄製のベース設計も見直すことで走行時でも図書館並(40dB以下)の静音を実現しています。タイヤはグレーカラーでタイヤ痕が目立ちにくいことも特徴です。また操作ハンドルをたたんだ際の接地部にはゴム素材を使用することで、鉄製の操作ハンドルを折りたたんだ際に本体と接触して生じる打撃音も軽減します。さらに垂直方向にスタッキングができるよう設計することで倉庫での大量保管も実現しました。他にも金属部分は錆を防ぐメッキ加工・樹脂部は外観の塗装剥がれを避けるため内部に着色を施し、長期間の使用を可能にすることでサステイナビリティにも踏み込み、社会と物流のより深い関係を築くことを目指しています。

経緯とその成果

インターネット通販の普及によって生活者の利便性が向上する一方で、物流現場の負担増加や台車作業時の騒音などの社会課題が顕在化しています。「DANDY Xシリーズ」は走行時にとどまらず物流の作業全体を見直すことで、作業者・管理者・生活者の視点からの合理的な機能美のデザインによって物流業界のシンプルで美しい働き方の実現を目指しました。荷台のクロスしたメッシュ構造は軽さと強度、静音性の並存を実現しています。荷台と中央の持ち手の色はツートンカラーにすることで、各物流会社のブランドカラーにカスタマイズをして様々な立場のユーザーが使用することができます。このように軽量化・操作性の向上、台車全体のサイレント化、メンテナンスのしやすさ、多様なニーズに応えるカスタマイズ性という物流の課題に様々なステークホルダーに配慮したデザインによって向き合うことで、物流現場の作業効率と物流をめぐる社会課題を改善しています。

仕様

寸法:幅605mm×奥行き935mm×高さ941mm /重量:14.5kg /素材:プラスチック(台車)、スチール(キャスター金具)、グレーゴム車輪(ノンマーキング・サイレント仕様)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

花岡車輌株式会社 本社1Fショールーム(東京都江東区白河2丁目17番10号)
花岡車輌株式会社 公式ホームページ

審査委員の評価

物流の現場で使われる折りたたみ式台車が、顕在的、あるいは潜在的に持っていた様々な課題や問題点を、ひとつずつ丁寧に解決・改善している。特に台車を使用する際の騒音の問題に対して、荷台を音の抜けるメッシュ構造とすることで周囲の環境にも配慮するなど、作業効率や生産の合理性だけに目を向けられがちな製品カテゴリにおいて、ひとつの社会問題の解決という視点でアプローチしている点が高く評価された。

担当審査委員| 安次富 隆   石川 善樹   重野 貴   村上 存   Sertaç Ersayın  

ページトップへ