GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
化粧品 [アスタリフト ホワイト]
事業主体名
富士フイルム株式会社
分類
一般・公共用パッケージ
受賞企業
富士フイルム株式会社 (東京都)
受賞番号
18G131068
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

赤い抗酸化成分「アスタキサンチン」を主成分とし、シミや肌のくすみなどの肌悩みを持つ女性に向けたレフィル対応の高機能美白スキンケアシリーズ。従来品を一から見直し、ユーザーベネフィットとなるレフィル交換における「わずらわしさの解消」と「容器の大幅なスリム化」を実現させることで、より快適なスキンケアの提供を目指した。ユーザーが中身に一切触れることなくレフィル交換ができる衛生面に配慮した容器となっているため、デリケートな配合成分を劣化から守り高い品質を提供し続けることができる。

プロデューサー

富士フイルム株式会社 ライフサイエンス事業部

ディレクター

富士フイルム株式会社 デザインセンター長 堀切和久

デザイナー

富士フイルム株式会社 デザインセンター 岡田誠、舌慎介、河西未来

発売
2018年3月1日
価格

3,800 ~ 5,000円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

フレッシュで高品質な中身を提供する、スマートさをもち合わせた「高機能美白化粧品」

背景

化粧品業界では、環境配慮の一環として、レフィル対応容器の導入が進んでいる。「アスタリフト シリーズ」では、ナノ化された非常にデリケートな成分が配合されているため、交換時に中身に触れることがないカートリッジ式レフィルを2012年より採用してきた。従来品は、内容器(レフィル容器)を外容器(カバー)にセットする二重構造の容器を採用しており、衛生的で好評をいただく一方で、一部のお客様から「容器が大きい、パーツが多く交換が煩雑、レフィル容器にお金をかけているようでもったいない」などの意見が寄せられていた。中身がリニューアルされるタイミングに合わせて容器の構造を含め、デザインを一から見直すことで、効果実感に繋がるより快適なスキンケアと化粧品事業における環境への取組強化を目指し開発をスタートした。

デザイナーの想い

レフィル対応の化粧品における長年の課題である、交換のしにくさや周囲を汚すといった「わずらわしさ」を解決するため、従来品から抜本的な見直しを行い、衛生面とスマートな所作を両立させた「高機能化粧品の新たなスタンダード」となるデザインを目指した。 主成分の「アスタキサンチン」は光に弱い性質があるため、従来品では不透明のレフィル容器を採用していたが、リニューアル品では「肌に透明感と輝きをもたらす」ことを表現するため、成分に影響を及ぼす光の波長を計算に入れながら、赤の色味や透明度を追求し、さらに美白効果をあらわす「白」を組み合わせて、効果を感じる印象的なデザインを目指した。

仕様

寸法 :(幅)47.5mm ×(高さ)193mm ×(奥行き)47.5mm 重量:331g * 最大サイズであるローションの数値

審査委員の評価

化粧品のパッケージは、中身の性質的にも衛生的にもシビアな条件がつく上に、効率以外の、使い手の気持ちも大きく考慮の必要な難しい案件である。このパッケージデザインでは、その点をほぼクリアしており、詰め替えの手間を大きく省いているなど、ユーザビリティの観点から言っても評価できる。今回の構造にしたことで、シリーズ全体で樹脂使用量を大幅にカット出来ているという具体的な結果も評価に値する。

担当審査委員| 鹿野 護   河瀬 大作   平林 奈緒美   水口 克夫   水口 哲也   Chi mei Chang  

ページトップへ