GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィス [コクヨ品川SSTオフィス]
事業主体名
コクヨ株式会社
分類
産業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
コクヨ株式会社 (東京都)
受賞番号
18G120973
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

コクヨの首都圏エリアの新センターオフィスです。ステーショナリー事業・ファニチャー事業・コーポレートスタッフのメンバーが1フロアに集まりました。オフィスのコンセプトを「ONE STROKE. NO LOOP. NO END.」と置き、対話とアップデートを繰り返すことで「変わり続ける」ことを楽しむ環境を構築しました。経営課題解決スピードを高め、また社員一人ひとりの創造性を高めるために、自律的に集い柔軟にチームを形成することを促し、事業を越えた一つの集合体を目指しています。

デザイナー

コクヨ株式会社 小林智行、石井一東、上田純里、五反田萌、新居臨、市瀬貴史、井上侑士、鷲尾有美、大島さえ子

詳細情報

http://www.kokuyo.co.jp/

利用開始
2017年10月2日
設置場所

東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス 18階

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ONE STROKE. NO LOOP. NO END.

背景

これまでのオフィス環境にあった事業部門最適の働き方のルールを壊し、自分たちの新しい姿を模索していくために、分散した各拠点の統合移転を決定しました。世の中の環境変化に対応できるよう、新オフィスを変化のためのプラットフォームと捉え、現在も「場」「制度」「仕組み」を常に更新し続けています。

デザイナーの想い

空間は「回遊性」「開放性」「左右対称性」の3軸で構成されています。歩き回りながら自由に働く場所を選択し、すぐに集まることができる回遊動線をベースに、壁のない左右対称な環境を構築しました。社内会議室には壁がなく、互いに見る・見られる関係性を創出しています。また、シンメトリーな執務空間は、柔軟なレイアウト変更や組織改編を可能にします。更に、多様な場の設えと合わせて、分散化する社員の所在地をマップ上に表示する位置情報システムを導入しました。広いオフィスにおける社員同士の繋がりをサポートし、移動情報をビッグデータとして取得することで、オフィスにおけるさまざまな取り組みの評価・改善に役立てる計画です。

仕様

用途:オフィス / 延床面積:4,820㎡

審査委員の評価

オフィスについてのプロ中のプロであるコクヨの新オフィス。基本的に完全にオープンでフリーアドレス。荷物は単管足場で組まれたロッカースペースに置き、毎日働きたい場所で働くことができる。実際に見学して驚いたのは、通常のオフィスならうず高く積まれている書類がほとんどなかったことだ。聞けば引っ越しの際に徹底的に処分し、基本的にデジタル化した上でサーバー上に保存しているとのこと。物理空間だけでなく仮想空間の設計と運営を結びつけている部分も重要だろう。また、オープンなこのオフィスのすぐ近くには個室が並んだクローズドなオフィスも用意してあり、使い分けることができるようにもなっている。オープンカフェと漫画喫茶のふたつが今のオフィスのメタファーのようだ。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ