GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
照度計を用いた照度測定サポートシステム [照度計FT3425、測定補助カートZ5023、GENNECT Cross SF4072(Android)、GENNECT Cross SF4071 (iOS)]
事業主体名
日置電機株式会社
分類
生産・製造用機器・設備
受賞企業
日置電機株式会社 (長野県)
受賞番号
18G080681
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Bluetooth機能を搭載した世界初の照度計・スマホ/タブレットを使用した測定支援アプリケーション・測定補助カートを活用した照度測定サポートシステム。照度測定は太陽光の影響を受けない夜間に限られる。その上数万ポイントにもなりうる測定箇所を、照明工事終了から什器搬入までの数日で行わなくてはならず作業者の負担は大きかった。本システムは照度計と測定支援アプリケーションを連携し、測定・記録・報告書作成の一連の作業時間を記入ミスなく短縮できる。また、測定補助カートを使用することで床面での測定作業をスムーズに行うことができる。作業プロセスをサポートすることで作業者の負担を劇的に減らすシステムである。

デザイナー

日置電機株式会社 FT3425開発チーム 技術10課デザイングループ

詳細情報

https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=1717

発売
2017年10月27日
価格

65,000 ~ 105,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

作業時間を半分に、高信頼性の照度計による照度測定システム

背景

オフィスビル・工場・商業施設を竣工する際には、工事後の照度測定が必須である。建築物の規模が大きくなるほど測定ポイントは増え、大型ショッピングモールでは数万ポイントになることもある。照度測定は太陽光の影響を受けない夜間に限られ、また照明工事終了から什器搬入までの数日間で行わなければならない。JIS C 7612で測定箇所を床面から15cm以下と定めている場所もあり、床面から近い箇所を測ることも多く、こういった場所は屈伸運動が伴うので身体的負担は少なくない。限られた時間の中で正確な照度測定と竣工図面上への手書き記録、その後パソコンで清書し報告書を作成するのは非常に手間がかかる。ミスなくこなし続けることは難しく、精神的負担もかかる。また、計量法により、公共施設や道路等の照明器具の照度測定は基準を満たす照度計が必要となる。作業者の負担を減らすシステムと信頼性のある照度計が求められていた。

デザイナーの想い

○夜間に行われる照度測定作業の延長は寝不足や生活リズムのずれに繋がりかねない。作業時間短縮は作業者の心身のためにも必須である。○実際に照度測定作業を体験し、測定プロセス全体に目を向けた商品開発を行った。○作業時間に関わるため、製品とアプリの操作は簡潔にした。○床面付近の照度測定は、照度計を床に置く屈伸運動と、自らの影が照度計に被らないよう離れる必要がある。補助カートはその両方の動作を省略できるため身体的負担を軽減できる。○床面だけでなく、机上で測定、手で持っての簡易的な測定等、利用者によって様々な使い方ができるようにした。○非常灯や誘導灯の照度は安全および防災に関わり、その他照明の照度は快適性や作業性などに関わる。照明は人間社会にとって重要な役割をしている。照度測定の作業品質が向上することによって作業者だけでなく、照明の利用者の生活向上にも繋がると考えている。

仕様

【階級】JISC1609-1/2006一般形AA級【外形寸法】FT3425:約78W×170H×39Dmm / Z5023:約720W×120H×240Dmm【重量】約320g(電池含む)【無線通信】Bluetooth4.0LE【測定支援アプリケーション】iOS10 以上 Android4.3以上

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日置電機株式会社
HIOKIホームページ
HIOKI Online Store

審査委員の評価

ビルの照度測定作業は、驚くほどの効率の悪さ、繰り返し作業の多さであることに注目し、ワイアレスと補助カートを導入することによって、解決提案した製品である。効果として、必ず2人だった作業が一人となり、報告の簡便化、ミスの少なさ、作業時間の短縮が上げられる。数日という限られた時間の夜間作業という過酷な現場において、人も時間も減らせて、効率が上がる、世界で初めてのシステムを導入した画期的な製品である。

担当審査委員| 田子 學   石川 善樹   内田 まほろ   重野 貴   Sertaç Ersayın  

ページトップへ