GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
カーテン自動開閉機 [mornin' plus]
事業主体名
株式会社ロビット
分類
その他情報機器・設備
受賞企業
株式会社ロビット (東京都)
受賞番号
18G050471
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

mornin' plusは、起床時刻に自動でカーテンを開き、太陽光による快適な目覚めを促す家電製品です。2016年に発売した、スマホ連動型カーテン自動開閉機mornin’の後継機にあたります。工具を使わず片手で設置できる取り付け機構や、カーテンのプリーツ部の裏側に綺麗に収まる外観形状を継承しながら、内部構造を一から見直しました。ユーザーのご要望に応え、設置後も手でカーテンを開閉できる機構をはじめ、動作パワーアップや対応カーテンレールを増やした他、本体内部時計の正確性向上等、様々な改良を行いました。今までの日常生活を変えることなく、より自然なカーテン開閉の自動化と更に快適なめざめをもたらします。

デザイナー

高橋翔太

詳細情報

https://mornin.jp

発売
2018年2月13日
価格

6,980円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

より自然に日常生活へ溶け込み、太陽光による快適な目覚めを促す、スマホ連動型カーテン自動開閉機。

背景

旧機種を発売した際には「毎朝気持ちよく目覚められる」「カーテンの開閉が自動化できて便利」等、予想以上の反響を呼び、今までにないカテゴリーの製品にも関わらず幅広い方々に受け入れて頂くことができました。一方で「動作パワーが不足しておりカーテンを開けきれない」や「自室のカーテンレールに対応しておらず残念」といったご意見を頂き、改善の必要性を感じていました。また、取り付けるとカーテンが手で開閉できなくなってしまう点についてもしばしば言及されました。しかしこの問題点を解決することで、日常の所作を阻害しなくなるため、より自然に日常生活へ溶け込む、価値のある改良が実現できると考えました。以上の経緯を背景に、次世代機としてカーテン自動開閉機のスタンダードを作ることを目標に据え、本製品の開発を開始しました。

デザイナーの想い

適切な機能や佇まいを持つ、カーテン自動開閉機の典型を目指してデザインしました。旧機種で生み出した原型(設置位置であるカーテンのプリーツ部のボリュームに基づく形状)を継承・発展し、造形要素を最小限に減らすことで、より純粋なかたちに仕上げました。同時に本体インターフェースの整理も行い、メインスイッチと電源ボタンの分離やランプの視認性向上等、使用性の改善を行っています。全体のスタイリングとしては、設置時に仰ぎ見た際に綺麗に見えるよう造形し、サイズ感を和らげるよう柔らかい印象に整えました。また、使用者の目に触れる部分に調整・確認を必ず入れることで、旧機種よりも質感を高めています。合わせて、タイヤの昇降機能搭載に伴うチュートリアルの追加や設定項目の整理、画面レイアウトの調整等、専用アプリケーションの大幅な再設計も実施しています。製品が適切な使い心地になるよう、全体的な視点からデザインしました。

仕様

外形寸法:約62mm×110mm×46mm(横×高さ×奥行)/質量:約108g(電池を除く)/電源:単3アルカリ乾電池 3本/通信規格:Bluetooth® low energy

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Amazon.co.jp、家電量販店等
Amazon.co.jp

審査委員の評価

毎朝、カーテンが自動で開き、朝陽を浴びて目覚める。そんな理想の朝を演出してくれる、ありそうでなかったプロダクト。取り付け後も手動でカーテンを開閉できたり、対応カーテンレールを増やすなど、従来機の課題を解決し、より使いやすいものに仕上がっている。IoTの技術基盤が広がり、スマートフォンからコントロールできる対象物が増える中で、カーテン以外にどのような「便利さ」「快適さ」を提供するのか、今後の広がりにも期待したい。

担当審査委員| 片岡 哲   石川 俊祐   石川 温   櫛 勝彦   林 千晶   De Liu  

ページトップへ