GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ヘルメット [防災用収縮ヘルメット [オサメット]]
事業主体名
加賀産業株式会社
分類
防災用品
受賞企業
加賀産業株式会社 (愛知県)
受賞番号
18G030204
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

折り畳みヘルメットは複数製品販売されておりますが、折り畳み時にA4用紙サイズに完全に収まり、厚さが5cm以下の製品はありませんでした。 ヘルメットをより身近に収納し、有事には直ぐに装着できるようA4用紙サイズに完全に収まり、組立てアクション無しに装着できる収納性と機動性に拘った折り畳みヘルメットを開発致しました。ヘルメットは安全に装着するためにヘッドバンドの調整で頭部にフィットさせる必要があります。装着に機動性をもたせるため紐製バンド型のように調整方法が煩雑なヘッドバンドではなくワンタッチで脱着できる樹脂製のヘッドバンドを採用致しました。

プロデューサー

加賀産業株式会社 溝口治

ディレクター

加賀産業株式会社 国分博史、西村佳政

デザイナー

加賀産業株式会社 堀貴博+株式会社サカモト工芸

詳細情報

http://www.kagahelmet.com/products/osamet/osamet-1.html

発売
2017年1月11日

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

防災用ヘルメットにおけるコンパクト収納・簡単装着の追及

背景

地震大国と言われる日本。突如襲い掛かる災害により多くの人命や財産が失われてきたが、ヘルメットは災害時の必須アイテムとして常に上位にありながらもその収納性の低さが普及の妨げとなっています。いざという時に手の届くところにあって欲しい。そんな社会的要求に対し当社が提示するのがこのオサメットです。これまでも収納性の向上を目指した製品はあったが、頭部を守るために必要な大きさに加え元来が非日常性を孕むものであるため、日常の生活空間の中に配置するのには抵抗感があり、普及率の向上には結びついていませんでした。オサメットのデザインは、日常の生活空間にある引出しの中や本棚等に置けるコンパクト性と、いざという時に素早く簡単に装着できる実用性を実現しました。

デザイナーの想い

「A4サイズに収まるコンパクトなヘルメットがあったなら」、災害時は身近に用意しておくことができ、「子供から高齢者まで容易に装着できたなら」、もっと安心・安全な気持ちで日常を過ごすことができるはず。このような課題に使命感をもって、収縮式ヘルメットを開発しました。シェルは4段に分割することによって、収納時は他製品と比べ一目で薄くA4サイズに収まるコンパクトサイズであることをアピールし差別化したいという思いがありました。装着時のヘルメット外観は従来のヘルメットが持つ特有の丸みを踏襲し、高い衝撃吸収性能をアピールするフォルムと言えます。折り畳み時はボタン解除によって容易に収納する構造を採用し、他社製品にはないコンパクトさと素早い装着を実現して幅広いユーザー層に受入れられると確信しております。

仕様

折り畳み時寸法:210×281×H45mm 使用時寸法:210×281×H132mm  頭囲寸法:55~64cm /ジュニア用:頭囲寸法:50~56cm 重量:約375g  材質:帽体ABS製

どこで購入できるか、
どこで見られるか

㈱ビックカメラ・たのめーる

審査委員の評価

防災用品は、しっかり揃えると案外場所を取る。そして毎日使うものではないにも関わらず必要なものである。ゆえに出来るだけコンパクトであること、または日常的に使えるようなデザインへの進化はとても重要である。このヘルメットは、非常にユニークな方法で45ミリの厚みにたたみ収納可能とした。防災用品が安易に収納できることが普及に繋がっていくといういい実例になっていくのではないかと思う。

担当審査委員| 手槌 りか   芦沢 啓治   松本 博子   山田 遊   Huiming Tong  

ページトップへ