GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
定規 [本当の定規]
事業主体名
コクヨ株式会社
分類
文房具
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
受賞番号
17G010043
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

一般的な定規のように「太さがある線」ではなく、幾何学の定義でいうところの線=「太さがない線」で目盛りを表現できれば、長さを計る道具という定規の本質により近づくことができると考えました。等間隔に並べた面と面との間に生まれる「境界線」で位置を示し、より正確な長さを計ることができる定規です。

プロデューサー

藤木武史

ディレクター

星剛

デザイナー

坂井浩秋

坂井浩秋

発売予定
2017年6月15日
価格

1,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

店舗 Think of Things

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

間の塗りつぶされた目盛りの境界線で寸法を認識する金尺です。

背景

「NEXT QUALITY」をテーマに作品を募集したコクヨデザインアワード2014の優秀賞を受賞した「本当の定規」は、 デザイナーがカッターを使う時、線の幅のどちら側を切るか迷うことがよくあります。0.01mmのズレはデザイナーにとって致命的であり、その点を解決しようと試みたのがこの定規です。実際には、目盛りの間を塗りつぶしているといった程度にしか手を加えていないにもかかわらず、使い手に塗りつぶした境界線を認識させる、従来の定規とは決定的にかけ離れたものとしてデザインした事が評価されました。

デザイナーの想い

より正確に長さを測るための、新しい目盛りの表現方法を発案しました。同時に、一般的な定規の目盛りが果たしている役割を分析し、新しい目盛りにその役割の要素を再構成することで、使い勝手を損なわないように配慮しました。より正確に長さを測るためのデザインが、視認性が上がる効果をもたらしています。 当初は、精度が求められる、限られた専門性の高い職業の人をユーザーとして想定していましたが、ユーザビリティを保ったまま視認性を上げることができたので、(加齢からの老視などによって)目盛りが見づらい人にも使ってもらいたいデザインになりました。 当たり前に思える目盛りのデザインを見つめ直し、「より正確に長さを測る」という自己設定した問いに対して、既存の製造方法を変えずにシンプルな解で、新たな価値を生み出すことができたと考えています。

仕様

外寸法/175×15(t0.5) 用途/15センチ定規 素材/ステンレス製

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コクヨショーケース(WEB販売)、THINK OF THINGS(千駄ヶ谷)
コクヨデザインアワード2014 本当の定規
コクヨショーケース

審査委員の評価

印刷された線ではなく、無地の面と印刷面の境界線を目盛りとした定規である。印刷された線は、どんなに細くてもそこには太さがある。境界線を目盛りにすれば、太さは存在しないので、正確な長さを知ることができる。目盛りは丁寧にデザインされており視認性が良く、従来の定規から置き換えても違和感無く使えそうである。

担当審査委員| 鈴木 啓太   安東 陽子   原田 祐馬   山本 秀夫   Jung-Ya Hsieh  

ページトップへ