GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
震災復興メモリアル施設 [せんだい3.11メモリアル交流館]
事業主体名
仙台市
分類
店舗内装設計・インテリア・公共空間
受賞企業
仙台市 (宮城県)
受賞番号
16G110962
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2011年3月11日。大きな痛みとともに、数々の大切なことを私たちの中に呼び覚ますことになったあの日を起点にして、過去を見つめ直し、今までを振り返りながら、これからをともに考え、語り合い、自由に表現する。せんだい3.11メモリアル交流館は、東日本大震災を知り学ぶための場であるとともに、津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口でもあります。記憶と経験を媒介に、コミュニケーションを通じて知恵と教訓を紡ぎ出し、未来へ、世界へとつないでいく拠点となります。

プロデューサー

仙台市

デザイナー

SSDデザインチーム 本江正茂、岩澤拓海、小山田陽、渡邊拓、長内綾子、松井健太郎、工藤拓也、高橋創一、柿澤祐樹、門傳一彦、梅田かおり、齋藤高晴

詳細情報

http://sendai311-memorial.jp/

全館オープン
2016年2月13日
価格

0円 (入場無料)

設置場所

宮城県仙台市若林区荒井字沓形85-4(地下鉄東西線荒井駅舎内)

仕様

施設面積 906.45㎡ 1階:交流スペース、2階:展示室・スタジオ、3階:屋上庭園

受賞対象の詳細

背景

仙台市震災復興計画に基づく検討委員会が、中心部と沿岸部の2拠点でのメモリアル施設展開を提言。先行して整備が求められる沿岸部施設は、津波被害を受けた東部沿岸地域を人々が訪れ体感し、相互に関わり合う施設とし、震災に関する記憶・経験の継承や、人と人との新たなネットワークづくりの推進を図る。新規開業する地下鉄東西線の最も海に近い荒井駅構内に設置。デザインには地元のクリエイタによるチームを登用。

デザインコンセプト

震災の記憶と経験を継承するための様々な取り組みを有機的に結び、未来や世界へと繫いでいくこと

企画・開発の意義

震災は終わっていない。その記憶や経験は今も生まれ変化している。各々の経験を表現しあい、集団的記憶の総体として共有しなおす。飾られた記憶を消費するのでなく、いかに記憶を分かち持つべきかを模索する。こうした複雑さをそのまま引き受けるメモリアル施設として、進行中のプロセスに応答する「更新可能性」、すべての市民の当事者としての「参加可能性」、交流を内外に結ぶ「展開可能性」を持つデザインとする。

創意工夫

1F交流スペースは地下鉄駅と直結。地形と津波浸水域の関係を示す沿岸部立体マップに,パノラマ映像などのデジタルコンテンツを重ね、被災エリアへの訪問を促進。関連資料のライブラリ、14時46分を静かに示す時計など。 2F常設展示は、過去・現在・未来の時間軸に沿って、様々な事実の記録と私的な記憶とが立体的に交錯する壁面構成とした。あえて整理しすぎず、当時の同時多発する事態の緊迫感を表現。各記事は脱着できるマグネット式として更新に対応。多様なトピックから一連のストーリーを読み解くガイドマーク。机や家具には被災した小学校の床材を再利用。 2F企画展示室は多目的に活用できるよう既存床を撤去して天井高を捻出し、常設展と空間を分節。 廊下や階段にも、七夕の短冊に経験を書き込む「わたしたちの3.11 」や沿岸部の魅力を描く「仙台沿岸イラストマップ」などの参加型展示。市民グループの活動の場となるスタジオを確保。

デザイナーの想い

「発掘現場」のような場所という空間のイメージが早い段階で共有されていた。どこかでできあがったものを見栄え良く紹介する場ではなく、様々な人が集い、ともに考え、語り合い、表現することで、記憶と経験を継承するための方法が試行錯誤されていく場であり、将来へとつなぐべき大切な学びが生々しく「発掘」される場であるべきと考えた。市民が我が事として参加し、表現を更新し、再び地域に展開してこその交流館なのだ。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

せんだい3.11メモリアル交流館
せんだい3.11メモリアル交流館

審査委員の評価

東日本大震災の5年後に,熊本で大きな地震があったように,自然災害は必ず繰り返す。人々がそれに対していくためには,震災の記憶を継承し,共有していくことが大切だが,その場は,何度でも,あるいは遠くからでも,立ち寄りたくなる場とならなければならない。このプロジェクトは,その課題に真摯に取り組んだものであろう。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ