GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ [PENTAX K-1]
事業主体名
リコーイメージング株式会社
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
リコーイメージング株式会社 (東京都)
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
16G050371
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

K-1はペンタックス初の35ミリフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラです。アウトドア環境下での撮影を考慮した機能、操作性を有しています。 画質は、高解像(約3640万画素)と高感度(ISO 204800)を両立し、手ぶれ補正機構を応用した超高精細画像を生成するリアルレゾリューションにより、被写体のより細かい部分も繊細に描写します。 防塵防滴構造と-10℃の耐寒性能を保証する優れた耐候性能を持ち、悪天候下でも撮影に集中出来る信頼性を保持しています。 また縦横自由に可動するフレキシブルチルト式液晶モニターにより、様々な撮影シーンで自在に使っていただけます。

プロデューサー

株式会社リコー 新規事業開発本部 若代滋

ディレクター

株式会社リコー 知的財産本部 総合デザインセンター 奥田龍生

デザイナー

株式会社リコー 知的財産本部 総合デザインセンター 羽賀正明、松下武

詳細情報

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-1/

発売
2016年4月28日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

35ミリフルサイズセンサーを搭載し、アウトドアで快適に撮影できるフィールド一眼レフを目指しました。

背景

PENTAXは今まで、APS-Cに注力してきました。 新機種を発表する度に、お客様からは新機種の35ミリフルサイズ版が欲しいという声が常に聞こえてきました。 一方、防滴防塵などの従来機種で培った技術を盛り込んだ、フルサイズ機を作ることができる土壌も整ってきました。 お客様の期待の声に応えられる、PENTAXの35ミリフルサイズ一眼レフを世に出す事ができると判断し、開発を始めました。

デザイナーの想い

PENTAX初の35ミリフルサイズ一眼レフとして相応しい完成度をめざしました。各部形状の決定には光造形モデルによる立体物での確認を納得いくまで行っています。特にグリップ形状は何度もユーザー評価を行い作りこみました。 大型のガラスプリズムの形状をモチーフとしたペンタ部の造形は一眼レフカメラの原型を表現しています。このシンボリックな造形がユーザーの所有する喜びや魅力につながることを期待しています。

企画・開発の意義

K-1はフルサイズセンサーを搭載したフィールド一眼レフカメラとしてアウトドア環境下で高画質な写真を快適に撮影することを提供価値としています。そのために、プロカメラマン、愛好家の方々が安心と信頼を持って使っていただけるよう、レンズも含めた防塵、防滴構造によりシステム全体で耐環境性能と使いやすさを追求しました。

創意工夫

・機能的で魅力的なカメラをめざし、ペンタ部の造形はファインダーを構成しているペンタプリズムの造形をモチーフとしてミニマムに表現しました。 ・フィールドカメラとして、確実なホールド感を達成できるようにグリップの造形は手の大きい人でも小さい人でもしっかり持てるように配慮しています。またグリップに施した革シボには方向性を持たせ縦滑りに対する効果を向上させています。 ・アウトドア環境下での操作性の向上を狙い、種々の機能を搭載したファンクションダイヤルを新設し、それぞれの機能を設定変更するための専用ダイヤルも設けています。これによりメニュー画面に入らず直感的でダイレクトな設定を可能にしました。

仕様

外形寸法・質量は約136.5mm(幅)×110mm(高)×85.5mm(厚)約925g。有効約3640万画素の35ミリフルサイズイメージセンサーを搭載し、ISO 204800の高感度を達成。マウント上部、カードスロット・ケーブルスイッチ端子部、液晶モニターの裏面に暗所での撮影操作をサポートする照明を搭載。光軸上でモニターの向きを自在に変えられる画期的な機構のフレキシブルチルト式液晶モニターを搭載。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のカメラ専門店、家電量販店。
PENTAX K-1 紹介動画
PENTAX K-1 スペシャルサイト

審査委員の評価

PENTAX初の35ミリフルサイズ機として、高画質は当然のことながら、様々な環境での撮影を想定した高い耐候性を備えるなど、ユーザーの期待に応える仕上がりとなっている。意匠上のポイントとなるペンタ部も、内部のペンタプリズムをそのまま反映した造形で、PENTAXの名前を冠する一眼レフらしいカメラとして好感がもてる。4本のアームで支える自由度の高い液晶モニターもユニークで意欲的なチャレンジとして評価された。

担当審査委員| 林 信行   緒方 壽人   岡本 誠   宮崎 光弘   Do-sung Chung  

ページトップへ