GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
針なしステープラー [SLN-MPH105 針なしステープラー ハリナックスプレス]
事業主体名
コクヨ株式会社
分類
文房具
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G010055
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

針を使わずに紙を圧着してとじるステープラーです。針を使わないので消耗品不要、廃棄時の分別も不要、針が他のものに混入する心配もありません。なおかつ紙に穴があかず美しくとじることが可能です。とじ部が厚くならないので、重ねた際にもかさばりません。また、ペンのキャップなどかたい物でとじ部を擦ることでとじた紙を簡単に外すことができます。手のひらサイズでコンパクト。コピー用紙5枚までとじる事ができます。

プロデューサー

コクヨ株式会社

ディレクター

コクヨ株式会社 三井隆史

デザイナー

コクヨ株式会社 ステーショナリー事業本部  興津彰規、長谷川草、山田登志子+クリエイティブ オフィス シード 嶋秀人

詳細情報

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/sl-stapler/press5.html

発売
2014年10月22日
価格

1,100円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

美綴じ。美しくしっかりと紙同士を綴じる事が可能。またとじ部をこすることで美しい紙のまま外せます。

背景

2009年に安心・安全、効率、エコの視点から、針を使わないステープラーハリナックスが誕生。発売以降、技術の進歩やユーザーからの要望を元に、とじ枚数を増やすなど進化し続けシリーズ累計700万個を販売するヒット商品となった。しかし紙で紙をとじる原理上、紙に穴があき重要書類に使えない、美しくないという大きな不満が存在した。そこで紙に穴をあけず見た目も美しい圧着式の針なしステープラーを開発しました。

デザイナーの想い

昨今、徐々に認知が広がってきた針なしステープラーは主に金属針を使用するステープラーの代用品というイメージが強いですが、その他にもクリップやクリアファイルなど一時的に紙を纏める用途を代用する事も可能です。しかし既存の穴のあく針なしステープラーだと、紙に傷がついてしまうため抵抗を感じる事もありました。この製品は簡単に綺麗に外す事が可能な為、針なしステープラーの使用シーンを拡大できると確信しています。

企画・開発の意義

針なしステープラーのメリットとして、怪我や異物混入に対する安心安全。分別廃棄が不要になることによる効率化。消耗品不要による環境負荷の低減があります。本製品はそれに加え、圧着式を採用する事で、既存商品より小さな面積で紙に穴もあけずにとじる事が可能。既存の針なしステープラーユーザーの最大の不満である「紙に穴があく」事を解消する事で、針なしステープラーの利便性を飛躍的に向上する事が可能です。

創意工夫

紙同士を圧着させるには大きな装置と大きなプレス力が必要不可欠でした。それを手のひらに納まるサイズや手軽な操作感で実現するために紙同士が互いにくっつく原理の究明から始まり、仮説を立て、試作による検証を幾度となく繰り返しました。数十種類を越える試作を試す為3年の年月を費やしました。小さいプレス力で確実にとじる事ができる最適なプレス歯の形状と材質を追求し、採用しました。軽い操作力を大きなプレス力に変換する為の倍力機構をコンパクトサイズで実現するため、独自の機構設計を採用し、材料選定にも注力しました。実現した構造はコンパクトではあったが、金属部品を多用した文具というより装置という印象に近いものでした。外装は安全性の確保も兼ねて金属部品の大部分を覆い隠した事で、文具としての馴染みやすさを印象づけるデザインとしました。

仕様

とじ枚数:コピー用紙(PPC用紙)約5枚 とじ部寸法:1.6mm x 10mm 寸法:34mmx95mmx85mm

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の文具店、量販店、通販、公式ウェブショップ
コクヨショーケース

審査委員の評価

エココンシャスな商品背景に加え、従来品よりも快適になった使い心地が高く評価された。デザインのまとまりも良く、製品が正しくアップデートされている。

担当審査委員| 倉本 仁   安東 陽子   原田 祐馬   山田 遊   Carl Liu  

ページトップへ