GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自動巻取式エアーホースリール [リーレックス エアーS]
事業主体名
中発販売株式会社
分類
生産・製造用機器・設備
受賞企業
中発販売株式会社 (愛知県)
受賞番号
15G070645
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

エアーツールを作動させたり埃を除去する作業で使用するための自動巻きホースリールである。自動車整備場などの作業場・工場の天井や壁面に設置して、作業のたびに所定位置までホースを伸ばして使用する。独自のフリー無音ラチェットはとても静かで、ホースは任意の長さで止めることができ、戻すときのラチェットリリースも容易で、ぜんまいばねの力で自動的にホースが巻き取られる。業界初の機構を採用し、本体は左右90度ずつスムーズに向きを変えられる。ホース連結可能とするなど、新しい試みを積極的に採用し、よりユーザーに使いやすい製品とした。

プロデューサー

中発販売株式会社 取締役 神原 智

ディレクター

株式会社リーレックス 取締役 中田 直樹

デザイナー

株式会社コムデザイン+株式会社リーレックス 技術開発部 角谷 剛

発売予定
2015年10月
価格

28,000 ~ 48,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

スムーズで静かに動きどこでも止まる使いやすいエアーホースリールを、作業環境に調和する造形にまとめる。

背景

弊社ではエアーホースリールを約30年以上製造販売しているが、その間に自動車整備場でも女性作業員が増えたり、よりクリーンな工場内環境が求められるなど、対象ユーザーや環境が大きく変化してきている。スムーズな機構の動きで操作がしやすく、ユーザーの安全性を向上させる製品を一から開発することにした。フルカバーで周辺環境になじみやすく、音も静かにすることで、今までにない幅広い用途で使われることも考えている。

デザイナーの想い

スムーズな動作をイメージさせるすっきりとした凹凸の少ない外観とし、力強い回転を直接的に表現する円盤形状を造形の基本とした滴形を取り入れた。内部部品は効率的に収め、それらを最小限のボリュームにまとめることで機能や機構が外部から把握でき、業務用途で使用する製品にふさわしい信頼感を感じられる造形としている。形状は同一でも色によって周辺環境との調和性が変更できるように注意した。

企画・開発の意義

ホースリールの作業現場では使用回数が多く、その操作性がユーザーの作業効率に直結する。今回の製品でスムーズに動きどこでも止まり、リリースもしやすい新開発の「フリー無音ラチェット」により、作業者のストレスを軽減させた。エアー取入れ口を吊り元に配置したことにより、壁付け時の左右90度ずつ動く本体で、使用しないときには壁沿いに収納でき、作業空間の効率性、安全性を向上させている。

創意工夫

業界初のフリー無音ラチェット(特許出願中)を開発して、ホースはどこでも止まり、すぐにリリースできる。ラチェット音はとても静かでより良い作業環境に貢献する。ホースを最大まで引き出してしまってもロックを解除できるラチェット機構とした。ホース取出し口は透明パーツを使用し、ホースの巻き取り具合を目視して調整しながら確実に巻き取れる。エアー取入れ口は本体の吊り元に配置(業界初、特許出願中)しており、本体は壁面に対して左右90度ずつスムーズに動き、どの向きからでも容易にホースを操作できる。壁付け時の収納は壁に沿わせることで、他の物がぶつかり破損することが少なくなる。取付け台座方式として、容易に設置及び取外しできることで、メンテナンス性を向上させている。フタを外すことで簡単にホースを交換できるようにして、メンテナンスを容易にしている。視認性の良いオレンジ色と環境に調和しやすいグレーの2色展開としている。

仕様

本体寸法:幅300mm×奥行き140mm×高さ380mm、ホース内径:φ6.5、ホース外径:φ10.0、ホース長さ:8m、ホース材質:ポリウレタン(ブレード入り)、最高使用圧力:1.47Mpa、一次側:Rc1/4、二次側:ソケット付、本体材質:ABS樹脂、質量:約4.0㎏、付属品:補助ホースASSY(1m)、取付ブラケットベース、固定用ボルト・ナット・ばね座金 ※本仕様はNAR-608OR

どこで購入できるか、
どこで見られるか

機械工具商社

審査委員の評価

工場などで使用される自動巻取式エアーホースリールである。ラチェット音が少なく、巻き取りもスムーズで使い勝手がよい。従来型では軸の中心から横方向に出ていたエアー取入れ口を本体端の吊り元近くに移動させることで取り回しのよさを実現している。また複数連結して使用することもでき、設置性の高さも評価できる。

担当審査委員| 小林 昭世   内田 毅彦   内田 まほろ   緒方 壽人   村上 存  

ページトップへ