GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合郵便受け [ポスタ・デ・ムーロ]
事業主体名
株式会社サンワカンパニー
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
株式会社サンワカンパニー (大阪府)
受賞番号
14G060516
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

限りなく壁面と同化する集合郵便受け「ポスタ・デ・ムーロ」。投函口やダイヤル錠さえも見えない、極限までシンプルさを追求したデザイン。壁と同化するフラットなステンレスプレートは、エントランスやメールコーナーでの空間デザインの幅を広げます。「前入れ前出し」「前入れ後出し」のどちらにも対応し、使い勝手に合わせて幅広い場所にご使用いただけます。

プロデューサー

株式会社サンワカンパニー 商品部 部長 原野繁之

ディレクター

株式会社サンワカンパニー 商品部 国内商品開発チーム 糴川康次郎

デザイナー

株式会社サンワカンパニー 商品部 国内商品開発チーム 糴川康次郎

詳細情報

http://www.sanwacompany.co.jp/shop/c/c621105/

発売
2014年6月
価格

9,980 ~ 10,980円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

投函口や錠さえも見せない、壁と同化するデザインを追求したフラットメールボックス

背景

集合郵便受けは、縦横に複数列並び壁面の大部分を占める場合が多々あり、集合住宅エントランスの空間デザイン要素として重要です。しかしエントランス空間のデザインが進歩しているにもかかわらず、市場の製品は郵便受けという概念から抜け出した意匠のものが無く、しかたなく目立たないように設置されることが大半です。そこで、建築空間として美しく表現するためにも、現代の空間デザインにふさわしい製品の開発を始めました。

デザイナーの想い

世の中にあふれているモノが本当に正しいのか、そこに着目してほしい。現代の集合住宅は機能も意匠も格段に進歩している、にもかかわらず生産性を重視し大量生産しやすい形状を追求している製品群は進化のスピードが遅い。どのような環境に設置されるのか、他のモノとの関係性はどうかなど、モノの本質を探究し、RE-Design(再構築)しなければならないモノがあふれているということを感じていただければと思う。

企画・開発の意義

郵便物を投函し受け取るという機能はもちろん必要だが、これまでの既製品の形状が本当に良いのか、時代や設置環境に合わせて変化しなくてよいのかなど、これはあらゆるプロダクトにも共通するがあらためて問いかけたい。必要な機能・時代背景・設置環境などを再考し、現代のエントランスにも調和するようにデザインした「ポスタ・デ・ムーロ」が、エントランスの壁面を彩り、空間としてのデザインの質を高めることを期待する。

創意工夫

【投函口を見せない】必要なのは「投函できること」であり「投函口」ではない、投函口ではなく投函扉とすることでフラット形状を実現しています。また開閉方法をプッシュ方式とすることで、妥協することのない意匠と使いやすい機能性の両方を満たしました。 【前出し仕様の錠を見せない】市場製品は生産性重視で取り出し扉と投函口を一体で成型していますが、取り出し扉と投函扉を分離し二重扉とすることで錠も見えなくなりフラット形状を実現しています。 【ステンレス】あらゆるテイストのエントランスにも調和できるようステンレスを採用。プッシュ方式の投函扉は指紋防止のためアクリルクリア塗装を施しており、機能性やメンテナンス性にも配慮しています。 【余白のあるデザイン】部屋番号や表札などはあえて提供していません。空間デザインに合わせて設計者やデザイナーがトータルにデザインできるよう、余白を残したデザインとしています。

仕様

「前入れ前出し」と「前入れ後出し」の2タイプあり、サイズW380×D316×H100mm(後出し)、サイズW380×D300×H100mm(前出し)、ステンレス ヘアライン仕上げ、ダイヤル錠付き、縦横連結穴あり、非防滴仕様

どこで購入できるか、
どこで見られるか

「サンワカンパニーのオンラインショップ」及び「東京・名古屋・大阪・福岡 各ショウルーム」
サンワカンパニーのオンラインショップ

審査委員の評価

集合住宅の郵便受けはその建物の空間デザイン要素として重要である。しかし、投函口や錠などの視覚的要素はノイズとなっている場合が多い。本製品は、正面をできるだけ凹凸や継ぎ目の無いフラットパネルとし、「郵便受け」ではなく「壁パネル」としてデザインしている。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ